top
under
home
news
about
look
inquiry
 

4月16日(金)子育てカフェ「外遊びの楽しみ方 春編」


今回の子育てカフェでは五感をフルに使って春を感じてもらいました。

目を閉じて自然の中の音を感じてみよう。

どんな音が何個聞こえるか、どんな風に聞こえるか言葉で表現してもらいました。音を表現するのに擬音語が大活躍!言葉を覚え始めのお子さんとの遊びにも取り入れ易いですね。

●自然物の中に紛れる人工物

全部で12個の人工物を木や草、土の上に置き何個見つけることが出来るか。

プラスチック等色が付いたものなどは比較的見つけやすく、木のスプーン等自然素材で作られた人工物は見つけるのが難しかったようです。

●感触だよりで探してみよう

袋の中にある色んな自然素材を手の感触だけで同じもの探し。どんな感触がする?

ゴツゴツ・ツルツル・ザラザラ同じものでも色んな感じ方がします。似ているけれど厚みや固さが違う別の物を持ってくる人もいました。これらの遊びは五感の他に注意力、集中力も必要になってきます。

気軽にどこでも遊べますので遊びを通して様々な力を育てましょう。

●木工クラフト体験

木の輪切りを紙やすりで整えてキーホルダー作り。

自分の好きな手触りになるまで研磨し、紐通しを付けたらちょっと工夫した縛り方で紐を縛りました。紐の長さを自在に変えられるので首から下げる物の縛り方としておススメです。

●絵で比べてみよう

今の遊びと自分が子どもの頃の遊びに違いはあるか。

親は外、子は室内。親も子も外遊び。中には全く同じ外遊びをしていた人もいました。室内遊びは時代の変化があり、外遊びはいつの時代も同じような遊び方をしていると改めて実感しました。

春になり緑が増え、生き物か活動し始めています
川のせせらぎ、鳥の声、葉の音、肌に感じる自然光や風、草や土やその他の匂い、お金のかからない癒しであり、遊ぶことの出来る自然。快い刺激を脳にいっぱい与えてあげて下さい。

好みの素材や質感のものを探して何を作るか考え発想力を伸ばし、実際に作って手先や道具の使い方を覚えてください。

『遊びは学び』と考え生活の中にどんどん取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回は大型テントや何種類かの焚き火台を用意し、ちょっとしたキャンプ気分を味わってもらいました。

今日のとんこ 子育てカフェ


3月9日(火)へるし〜相談の日


今日はとんこで栄養相談ができる
へるし〜相談の日でした。

お子様の栄養の事や、ママの食生活などの相談を個別・別室で気軽に相談できますよ!
食品サンプルを使ったりとわかりやすくアドバイスしていただけます。
次回とんこでは7月の予定ですので是非ご利用くださいね。
希望者には、体内年齢も計測してもらえますのでそちらも是非どうぞ!
子育てで、忙しい毎日だと思いますが、たま〜にご自身の身体と向き合ってみませんか(^-^)

工作コーナーでは、お友達とお互いの手を鉛筆でなぞって手形をとって遊んでいましたよ。
3才〜4才になると、こんな遊びも出来ちゃうんですね!
とても上手に完成していました。

外遊びは、残り少ない雪の季節…スコップとバケツを持ってお散歩しながら雪遊び。
雪溶けし出したじゃぶじゃぶ川の水に、雪玉を投げ入れて遊びました。

今日のとんこ 子育てカフェ


1/25(月)子育てカフェ


12/11(金)子育てカフェ アウトドア茶話会


11月24日(火) へるしー相談の日


今日は、栄養士さんが来てくれるへるしー相談の日でした。
5名のママが参加してくれました。
今日はママの相談がメインで、普段の食生活のアドバイスなどを優しく教えていただいたようです。
頭ではわかっているけど、小さなお子様の子育て真っ最中のママ達には中々変えられない毎日の生活リズム…でもアドバイスしてもらった言葉が頭のどこかに残り、あっそうだ!と思い出せる事が大事ですよね。
次回は来年の3月12日(木)の午前中です!
是非参加してみて下さいね。
ご希望の方は、体内年齢の計測もしてもらえますよ。

午後のお散歩では、3才の男の子T君が
『秋たくさんみつけたよー!』と元気に戻ってきました。
どんな秋を見つけたの?って聞くと、
『赤と茶色とー。オレンジもあった!』
と…木や落ち葉の秋を見つけたようでした!
素敵なお散歩でしたね。

今日のとんこ 子育てカフェ


10月16日(金) 子育てカフェ


9月25日(金)子育てカフェ「外遊びの楽しみ方 秋編」


今日の子育てカフェはとんこの外活動のひとつ『フレンズパーク』でも度々登場する焚き火を中心に活動を行いました。秋なので落ち葉もたくさんあり焚き付けにも最適でした。

まず初めに火おこし前の確認。体験したことがないとどういう危険が潜んでいるか分かりません。注意すべきこと、火をつけるのに必要な事などを皆で出し合い、体験を通して覚えてもらいたいことなどを伝えてから開始しました。

焚き火台2台に分かれそれぞれ自由に枝を集め火おこしに挑戦。

●木の皮に火をつけてみる→中々つかない

●新聞紙をドーナツ状にしたものを2個作り火だねとする

→燃え尽きる前に枝に火が移り成功(扇いで風を熾す)

→すべて燃え尽きても火がつかず失敗

2台で異なる結果が出ました。

◎何故火が付かなかったのか?

・集めた枝や新聞紙が広がっていた

→火元の火が分散していると火がつきにくい

→枝や紙を中央に集める(熱をこもらせる)

・扇ぎすぎていた

→火が確実につくまで扇ぎすぎない

→息を吹きかける程度でも火が付く

火おこしには集めた枝の組み合わせ方が重要(空気が入りやすいように置く)ということが分かりました。

◎子ども達の反応は?

・火をつけようとしている所に手を出す

→熱いこと、危ないことを教える

・手をパタパタさせ風をおこす真似をする

・火がついたらすぐそばに行きのぞき込む

→熱いこと、危ないことを繰り返し教える

・葉っぱを入れると火が強くなるのを見て繰り返す

→入れた後離れようとしたり離れて投げ入れようとした

自身で体験し繰り返し伝えたことにより行動が変わってきました。

その後、適度な長さの枝を探し先端を削ってマシュマロを焚き火であぶって食べ次の体験へ。

●ロープワーク(2種類の結び方)体験

・巻き結び→ロープを芯に巻き付ける(例:ペットボトルの先のくびれ部分)

立木やポールなどにロープを張りたい時に便利。

・ダブルフィッシャーマンズノット→ロープをつなぐことができる

 (日常活用例:名札など首から下げる紐をこの結び方にしておくと状況に応じすぐに長さを変えられる)

説明を受けて出来るようになった人が今度は先生となり他の人に教えていく様子があちこちで見られました。今回は2種類の結び方を組み合わせ子どもたちが遊ぶ木を利用したブランコを作り遊びました。

体験を通した感想を最後に聞いたところ

普段出来ないことができて楽しかった。ロープの結び方でブランコが出来るのが面白く遊びの幅が広がった。

ロープ結びは覚えておくと便利だと思った。色んなアウトドアグッズがあり知ることが出来て良かった。

など参加した皆さん最後まで楽しんでくれていました。

不自由なところでどうにかするのがアウトドア。

制約がある中で創意工夫をする力を身に付け社会に出た時の力としてください。

●その他本日の体験に使用したもの

・トリリウム・ハンモック→寝床として利用できる丈夫なトリプルハンモックになる。

・スラックライン→細いベルト状のラインの上でバランスを楽しむ遊びが出来る。(バランス感覚や集中力を鍛える)

・ハンモック→木や柱に両端をつって用いる寝床。

※上記3つは木の枝に結び付けて使用した。

・ファイヤースターター→サバイバル用品として用いられる発火器具の一種。

・ネイチャーストーブ→落ち葉やティッシュなどの『焚き付け』を底に敷き、枯れ枝などの燃料を入れて使用。

今日のとんこ 子育てカフェ


7月17日(金)子育てcafe 子育ての困ったを話そう


今日の子育てcafeは、参加者さんの子育ての困ったことをたくさん話してもらました。

まず最初に、カルタ自己紹介をしました。好きな食べ物や苦手なこと、情報なども含めながら参加者同士、楽しく交流をすることができました。

そして本題の「子育ての困った」では、最近の話題ですから、コロナでの自粛期間またステイホーム中の困ったが話題として多かったですね。

ステイホーム中の家での子どもとの過ごし方…外に出れなくてイライラしている子どもとの向き合い方…家でのコロナの感染対策など、色々な悩みがありましたし、乗り越えた経験やアイデアなど色々話しました。また来るかもしれないステイホームに不安を持ちながらも色々なアイデアを共有しました。

休憩の後は、ステイホーム中にこんなことがあったらよかったな、ありがたいな…ということを、小さなことでも全て紙にかきだしてもらい、意見交換をしたりママ同士でたくさん話をしてもらいました。

悩みや考え方を言葉にすることで不安やストレスが解消されることもあります。また、情報交換によって、少しでも新しい発見があったらうれしいことです。

日頃から、富岸子育てひろばでは、育児に関わる悩みについて相談や、お話しをすることができます。スタッフへの相談の他、同じ立場の親同士、共感しあえる仲間たちとのおしゃべりも是非楽しんでみてくださいね。


Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial