活動名 水生昆虫チーム定例活動
調査日 2007年10月21日(日) 雨 気温 8℃ 水温 6℃
調査者 リーダー 戸島
スタッフ  庄司家族(3) 溝端家族(2)、池田家族(4) 戸島且淑
同定種数 フタカギトワダカワゲラ
調査場所および環境 道内河川
コメント 今回、水生生物調査チーム「カディスと仲間たち」は道央にトワダカワゲラ調査の遠征活動を実施しました。
トワダカワゲラは、氷河時代の生き残り、生きた化石ともいわれている。
得意な形態で、成虫で翅を持たないカワゲラです。
幼虫は腹部末端にエラがあります。
トワダカワゲラ属は現在1科1属5種が確認されています。

最初に見つけた時は、”いたぞー”と絶叫状態です。
更に、成虫の雄、雌も見つけ大収穫です。
この時期成虫に羽化するらしい。
見つけたのはフタカギトワダカワゲラです。

今回の貴重な調査結果を元に、今後「カディスと仲間たち」は鉱山町でトワダカワゲラ発見の調査活動を実施します。

最後に、今回の調査活動にアドバイスを頂いた宮下 力氏にこの場を借りてお礼申し上げます。
特記事項 初めての遠征で何事も無く、無事に終了しました。これを境に、今後もチームの皆さんがもっと水生昆虫に興味を示してくれればと思います。 戸島
photos&Comment 庄司ひ
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■水生昆虫 ■2006年度調査結果
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ