本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

2019年2月7日(木)曇り -3℃ 稀府小5年生宿泊学習1日目
活動内容 今日は稀府小の5年生のみなさんが雪がたっぷり降った鉱山にやってきました。
午前の活動は、冬の森へ探検に出かけました。
雪山を登ってすべったり、普段歩くことができない森の奥を歩いたり。
ブドウのつるのブランコや木のぼりを楽しみながら、雪の中を泳いだり、はまったり。
そして、エゾシカが木の皮を食べたあとやキツネ、テンの足跡を発見しました。
深雪を頑張って歩いて、小高いピークから肥料袋を使ったおしりすべり!
雪の森の世界を満喫したあとは、雪の実験を行いました。
「溶ける」実験では、鍋いっぱいに詰め込んだ雪が溶けたらどのくらいの量に変化するか予想しました。
そして、ソリを使って「滑る」実験。最後は「くっつく・固まる」性質をつかってスノーランタンづくりを行いました。
夜には、動物の気配を感じながら真っ暗な森とみんなでつくったスノーランタンのこみちを歩きました。
参加人数  16名(大4小12)
活動場所 精錬所の河原方面、グラウンド、遊歩道
チーム名、チームスタッフ(敬称略) KoNG:倉地、森田、福澤
ボランティアスタッフ(敬称略)
スタッフ 遠藤
タイムスケジュール 10:30~12:00 雪原探検(アニマルトラッキング)
13:00~14:30 雪の実験、スノーランタンづくり
18:30~19:30 雪あかりナイトハイク
報告者(コメント) 遠藤
報告者(写真) 遠藤
 
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059-0021北海道登別市鉱山町8-3
TEL 0143-85-2569  FAX 0143-81-5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)

renn