本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

2018/8/21 曇り後雨 22℃ INERAチーム活動
活動内容 INERAの活動はミヤマウズラの生態調査を行いました。
この場所は落葉樹疎林で、林床にはツルリンドウやヤブハギ、ウメガサソウ、ツタウルシ、アキノギンリョウソウなどがあり、こちらも密ではない。植生環境としては西向きで、落葉樹の陰となり、この時期は常時半日陰である。また、地面はミヤマウズラにとっては適潤で湿っぽく、乾くことはないとと思われる。樹木はヤマモミジ、アオダモ、ミズナラ、ウダイカンバ、ナナカマド、ケヤマハンノキなどが植している。これらの樹木の実生が結構あるが、全体的に細く、成長が悪いように感じられる。キノコは各種あるがシダ類は見当たらない不思議な環境である。今回見つけたミヤマウズラの個体は合計92であった。次回はいよいよ開花調査と個体生息数を調べます。
参加人数 
活動場所 鉱山地区
チーム名、チームスタッフ(敬称略) INERA:福澤、谷川、坂本
ボランティアスタッフ(敬称略)
スタッフ
タイムスケジュール 11:00~13:30
報告者(コメント) 松原(報告資料と聞き取りによる)
報告者(写真) 福澤、谷川、坂本
 
 
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059-0021北海道登別市鉱山町8-3
TEL 0143-85-2569  FAX 0143-81-5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)

renn