本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

2018年1月20日(土)晴れのち雪 1℃  里山ガイドウォーク
活動内容 今日のガイドウォークは冬の森へ出かけました。今日のお目当ては、生き物の気配とこれ!という発見を写真におさめることです。
まずは、大きなサクラの木に立ち寄りました。動物の食痕がないかと探し回ると、ありました、ありました。冬芽の皮をむいた食べあと、そして種を食べた食べあと。大きな木のくぼみで小さな動物が食事をした場所とみんなで推測しました。ホオノキの実の種が誰かに食べられてなくなっていること、トドマツの樹皮にシカの角こすりの跡、やに袋を発見してつぶしたり、エゾシカの足跡だらけの行き先はイチイの食べあとなどいろんな発見がありました。冬の川辺に降りて、霜の結晶や霜柱、川の石についた氷の造形などを見つけ、冬の森を満喫しました。
参加者 3名(大3)
活動場所 銀座通り、げんちゃん河原
チーム名、チームスタッフ
ボランティアスタッフ(敬称略)
スタッフ 遠藤
タイムスケジュール 10:30~11:30
報告者(コメント) 遠藤
報告者(写真) 遠藤
   
   
   
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059-0021北海道登別市鉱山町8-3
TEL 0143-85-2569  FAX 0143-81-5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)