本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

お知らせ2015年度活動報告

2017年5月21日(日)晴れ 22℃ 森のようちえん「春の小川ピクニック」
活動内容 今年度最初の森ようは春を満喫するピクニックです。のびのびコースはまずデコボコ道を探検しました。白や紫の花を見たり、生き物の痕跡を探しながらカラマツ広場の中を歩きました。次は池で生き物探し!網とかごを持っていざ出発。オタマジャクシ、ヤゴといった水の中の生き物を見ることができました。みんな凄い集中力で探し、見つけることができました。その後、ハーブティーを作るためにみんなでカキドオシ採集をしながら里の川へ行きました。到着してからは水に入ったり、生き物を探したりと暖かい日差しを十分に感じながら自由に遊びました。昼食前にはお弁当の絵本を聞き、ゆったりのびのびと活動しました。もりもりコースのみんはは、精錬所方面へ。鉱山橋から川をのぞき、川遊びの時期に思いを馳せながら散策開始。釣り人に「ヤッホー!」と呼びかけると大きく手を振ってこたえてくれました。途中、コンクリートにつくられたアリの巣やイタドリの葉の裏に住む虫など小さな世界を発見し、河原ではお気に入りの石に座って一服。きれいな石を親にプレゼントすべく、きらりと光る石を一つ選んで帰りました。リニューアルされた風のデッキでは一本丸太歩きに挑戦。昼食後、里の川周辺で自由な時間を過ごし、たき火おやつを楽しみました。振り返りの時間にはエゾアカガエルがみんなの輪の中に登場し子どもたちはカエルの方向にまっしぐら。最後は驚きと発見で活動終了。次回は「森のいきもの探検隊」初夏の生きものたちに出会いに出かけます。
参加者 51名(大人21名、小学生4名、幼児12名、3歳以下14名)
活動場所 グラウンド、精錬所の河原、銀座通り、ちびっ鉱ひろば、そこの池、カラマツひろば
チーム名、チームスタッフ(敬称略) 森よう:佐藤ゆ、高山か、乾よ、辻
ボランティアスタッフ(敬称略) 乾き
スタッフ 吉元、昇平、櫻井
タイムスケジュール 10:00~13:00
報告者(コメント) 昇平、櫻井
報告者(写真) 吉元、昇平、櫻井、佐藤ゆ
   
   
   
   
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059-0021北海道登別市鉱山町8-3
TEL 0143-85-2569  FAX 0143-81-5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)