本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

お知らせ2013年度活動報告

2013年10月20日(日)曇り 14℃ 環境保全グループ活動・水辺の環境整備
 活動内容   今日は、雨が降りそうで降らない中、1×8プレイスに環境保全チーム、森トンチーム、一丸となって水辺の遊び場づくりを行いました。
この水辺の環境づくりは、登別市が策定した「ふぉれすと鉱山流里山づくり構想」に基づいて進めています。
おじいちゃん、おばあちゃん、親子連れのみなさん3世代で楽しめる「川とのかかわりが感じられる森」。
小さなお子さんでもちゃぷちゃぷ遊べるような小川や小さな池、川と森のつながりが体感できるスペースになるよう、小川と池を掘り、全体のかたちをつくりました。
そして、水車の試運転も行いました!水を受けて回る水車に歓声があがりました。
さらに回るように水路の中を工夫したり、小川に砂利を敷いたり。1日めいっぱい使って、関わってくださったボランティアのみなさんの力で、水辺の環境の土台が完成しました。これから徐々に仕上げていきます。
水路にゆっくりと回る水車の姿は、まわりの里山の風景にぴったりマッチして素敵な空間を作り出しています。
27日の「森と水辺の里山づくり」では、この水辺の環境を散策する予定です。

この活動は、北海道e-水プロジェクトの助成を受けて実施しています。
北海道e-水プロジェクト http://www.heco-spc.or.jp/temp/e-pro/index.html
参加者
活動場所 1×8プレイス
チームスタッフ(敬称略) ヂカタビレンジャー:澤口し
つな環:本間
里マイ:後藤、岡田
森トン:酒井と、千葉げ
ボランティアスタッフ(敬称略) 澤口め、澤口た、福澤
協力   荒川設備 広部さん 
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、遠藤、東谷、久保田、進藤、山﨑
タイムスケジュール 9:30~16:00
Comment 遠藤
photos 松原、遠藤
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059-0021北海道登別市鉱山町8-3
TEL 0143-85-2569  FAX 0143-81-5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)