本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

お知らせ2013年度活動報告

2013年8月27日(火) 晴れのち雨 24℃
2013年8月28日(水) 晴れ 23℃
絵鞆小学校宿泊学習活動サポート
 活動内容   よく晴れた夏空の下、絵鞆小学校のみなさんが宿泊学習のためふぉれすと鉱山にきてくれました。一日目の活動は川と海とのつながりを自分の体で感じる川体験!三つのコースに分かれてそれぞれ違ったアプローチで川を体感しにいきました。

『秘境・滝を目指そう!』コース
林道を歩くこと片道4Km…。その先にある秘境の滝を目指して、歩きました。途中、様々なバッタたち、セミの抜け殻、ワシタカの羽、ものすごく大きなカツラの木など発見を楽しみ、いよいよリバートレッキングへ。冷たい水でしたが、みんなで頑張って川を上っていくと、グリーンタフに囲まれたきれいな滝が待っていました!川の上流部に行くと、岩石も大きく、一枚岩の上を流れるきれいな景色も発見しました。

『リバートレッキングで上流を目指そう!』コース
カマンベツの河原を目指し、険しい河原の岩場を乗り越え、川の流れに逆らってじゃぶじゃぶと歩みを進めたリバートレッキングチーム。途中、大きな深みでの飛び込みや川遊びも楽しみながら上流へと進んでいくと、目の前に古い水門の跡が…。川とその周辺の自然、そして人と川との関わりを五感で感じる川の冒険となりました。

『ゆったり河原と鉱石ハンターを目指そう!』コース
午前はガウディ-の河原でおたまじゃくしやサカナを探したり、ササ舟を流したりして遊びました。午後は精錬所の河原へ行き、下流の川との様子の違いを見つけながら、水晶や黄鉄鉱などを探しました。

二日目の活動は「川と海はつながっている大作戦」として川での実験を行いました。まずはみんなでびしょ濡れになって川遊び。寒がりながらも、流れたり浮かんだりを楽しみました。
そして、いよいよ実験です。川を流れて流速をはかったり、自分たちで岩から飛び込んで水深をはかったり。最後にはより分かった川で思いっきり遊びました。自分でつくった笹舟で、人が流れるスピードと競争もしました。

二日目の午後からは、2日間体感した「川」についてのまとめの時間です。
まず、今回いった川の場所を改めて地図で確認。その後、昨日の活動グループに分かれて、自分たちが体感した川について話し合いまとめ、発表しました。
岩石に注目して、上流域から下流域までの石の大きさを実物をみせたり、体で大きさを表現したりし並んでみてみると、上流域から流れてくる大きな岩石がだんだん小さくなっていく様子がわかりました。
また、みんなが住んでいる近くにある海岸の砂も、もともとは川から流れてきたものが小さくなったということを学びました。

「川と海はつながっている」ことを知る2日間。
みなさんの中にいろんな体験とともに、新しい発見とより深くの学びが生まれていたらうれしい限りです!
参加者 45名(大人7名、小学生38名)
活動場所 白水沢、滝ノ沢の河原~カマンベツの河原、ガウディの河原、銅精錬所の河原
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略) 松原し、村上と、釘嶋、石井(北海道教育大岩見沢校)
ふぉれすと鉱山スタッフ 遠藤、東谷、山﨑
タイムスケジュール 1日目 10:00~15:00
2日目 9:30~11:30
   13:00~13:50
Comment 遠藤、東谷、山﨑
photos なし
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059-0021北海道登別市鉱山町8-3
TEL 0143-85-2569  FAX 0143-81-5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)