本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

お知らせ2013年度活動報告

2013年7月10日(水) 薄曇り 24度 
2013年7月11日(木) 薄曇り 24度
大沢小学校宿泊学習 活動サポート
 活動内容   自分たちの住む町では見られない“川”を満喫するために、大沢小学校の5年生のみなさんが宿泊学習にきてくれました。
一日目はカマンベツの河原での川遊び!ライフジャケットの浮力を使って、川の流れに乗って流されてみたり、川底の削れた深みに飛び込んでみたり、元気な子は少し川の上流までプチリバートレッキングに挑戦したりと、海より冷たい川の水の冷たさにも負けず、みんなで思いっきり川遊びを楽しみました。力をあわせてリヤカーで運んだドラム缶風呂で冷えた身体をあたためながら、箱メガネやタイヤのチューブなどの川遊びグッズを使った遊びにも挑戦しました。
二日目は銅精錬所の河原へ鉱石を探しに出発。鉱石ハンマーとゴーグルを使ってズリ捨て場の石を割ってみると、中から鉱山町の歴史の名残でもある黄鉄鉱や黄銅鉱が!さらに、銅精錬所の川の中を探すと、水中から石英やスラグを発見!鉱石が見つからない友だちを手伝ったり、大きな鉱石を半分こにして分けたりして、活動終了時にはそれぞれが自分の気に入った鉱石をお土産にすることができました。
日頃なかなか体験できない川での活動を満喫することはできましたか?夏はまだまだこれからです。ぜひまた、ふぉれすと鉱山に川遊びにきてください!
参加者 26名(小学生21名、大人5名)
活動場所 10日:カマンベツの河原
11日:銅精錬所の河原、ズリ捨て場
チーム(敬称略) 森ちょこっチーム:市村、佐々木、二瓶、富岡、土門
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 10日:東谷、進藤
11日:東谷
タイムスケジュール 10日:10:00~15:00
11日:9:15~11:30
Comment 東谷
photos 東谷、進藤
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059-0021北海道登別市鉱山町8-3
TEL 0143-85-2569  FAX 0143-81-5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)