本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

お知らせ2013年度活動報告

2013年5月5日(日)曇り8度 「コーザン・スペシャルウィーク春 〜鉱山町で春あららっ!?〜 3日目」
 活動内容   あっという間で、コーザン・スペシャルウィーク春も最終日!今日も子どもから大人まで、多くの方の声でふぉれすと鉱山は賑わいました。
野鳥の姿を求め、朝8時から開始された『KoNG主管 春の野鳥観察会』は、雨がちらつく中、春の森へと出かけました。双眼鏡の使い方を練習して、林道を歩きました。最近とても寒い日が続いていたため、小鳥たちもちょっと少なめの観察会となりましたが、夏鳥たちも観察できました。
『焼きたて!石窯ピザづくりに挑戦』は生地づくりから石窯ピザに挑戦しました!粉を混ぜてこねてこねて。発酵させている間にかまやの石窯を見に行きました。生地を伸ばして、思い思いのトッピングをして石窯にいれたら!手作りピザのできあがり♪みんなで美味しくいただきました。
ピザづくりの参加者さんが生地を発酵させていると、ホールからは太鼓の軽快なリズムが…!作務衣に身を包んだ昔ながらの紙芝居屋さんが、今日は子どもの日ということでふぉれすと鉱山にやってきました。楽しい紙芝居の後には、子どもも大人も水あめをもらってパクリッ!子どもたちは初体験、大人にとっては懐かしい水あめをみんなで美味しくいただきました。
『KoNG主管 春の野点』のために用意していた風倒木のエゾヤマザクラは事前に館内に入れていたため、野点に合わせて満開となりました!その桜を愛でながら、お抹茶を楽しみました。子どもの日で子どもたちは無料で体験!大人も子どももゆったりとした時間を楽しみました。
春スペのラストを飾る『クライミング選手権』は、子どもの部と大人の部に分かれてスタートしました。参加者は、大きな声援を受けながら必死に壁を登ります。たくさんの人でにぎわい、いい雰囲気でした。子どもの部、大人の部とも、登り切るタイムを競いあいました。あっと驚くスピードで、登り切ってしまう人もいました。優勝者には、トロフィーと記念メダルが贈呈され、終了しました。
ホールの『昔あそび広場』では今日も楽しそうな声が絶えず、大人と子どもがコマやけん玉など昔あそびをとおして、みんなでの遊びの時間を過ごしました。『森のCafe』の美味しそうなたき火おやつの匂いと、『コーヒーがくれた時間』のパーコレーターでおとした本格コーヒーの香りは本日も健在!たくさんの方にその味を楽しんでもらうことができました。『森がくれた遊び場』にも寒さに負けない風の子たちの姿を見ることができました。

3日間のコーザン・スペシャルウィーク春にご参加いただきましたみなさま、ご参加ありがとうございました!それぞれに春を楽しむことができましたでしょうか?鉱山町の春はまだこれからも楽しめます!そして、夏、秋…と、これからの季節にもそれぞれの面白さが。ぜひ、また鉱山町に季節とその時々の自然を楽しみに来てくださいね! また、各日ボランティアの皆様ありがとうございました。岩教大の皆様、高校生の皆様、本当にご苦労さまでした。お陰様で3日間ご来館いただいた方々に楽しんでいただきことができました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
参加者 110名(大人36名、高校生2名、中学生7名、小学生26名、幼児39名)
活動場所 ふぉれすと鉱山周辺、グラウンド周辺
チームスタッフ(敬称略) 森ぶっくチーム:酒井ち、倉地さ、倉地あ、渡辺り、渡辺あ、市村か
ボランティアスタッフ(敬称略) 安倍、市村ふ、菊地ま、釘嶋、木幡みえ、酒井と、佐々木め、佐藤あ、佐藤ゆ、鹿野、千葉ま、千葉げ、辻、道場こ、戸島、長田お、福澤、星、松原し、宮尾、村上、山田よ、吉中こ、吉中ゆ、渡辺り
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、遠藤、吉元、東谷、久保田、進藤、山ア、山田
タイムスケジュール 10:00〜15:00
Comment 遠藤、久保田、東谷
photos 松原、遠藤、吉元、東谷、久保田、進藤、山崎
   
   
   
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)