本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

お知らせ2013年度活動報告

2013年5月4日(土) 曇り 10度 「コーザン・スペシャルウィーク春 〜鉱山町で春あららっ!? 2日目」
 活動内容   コーザン・スペシャルウィーク2日目も、春の楽しいプログラムがいっぱい!
『春の虫探し』には、小さな子どもたちとそのお父さんお母さんが集まって、みんなでむかいの池にヤゴを探しに出かけました。網を池に差し入れ、水中の草に数回擦りつけて上げると、網の中にはヤゴをはじめ、色々な虫の姿が!実際に間近でみるヤゴの姿に子どもたちは興味津々。また、ピンセットを使って見たヤゴの顎の構造や水辺の虫に関する豆知識には、大人かも「おぉ!」という声があがりました。ヤゴやカエルの卵などむかいの池に訪れた春を感じる一時でした。
『木の昆虫づくりに挑戦』では、キットを組み立てて、木のクワガタを作りました。枝の長さやつける角度など、同じ木材を使っていても、出来上がるクワガタは十人十色。手のひらに乗った木のクワガタの姿・感触に、参加者さんの顔も綻んでいました。マグネット付きなので、ぜひお家で使ってみてね!
『ヤッホー!MTBツーリング』は、カマンペツの河原まで春を探しに出発!林道を駆け、気持ちいい鳥のさえずりやスプリングエフェメラルを横目に楽しみました。河原に下りて小休止もしつつ、往復5kmの道のりをみなさん走破しました。
昨日よりも気温が上がったもののまだ少し肌寒い鉱山町。しかし!寒さに負けず外遊びを楽しもうとグラウンドでは『みんなで遊ぼう!ふぉれすと鉱山の輪』というプログラムを実施しました。子どもも大人も簡単にできるゲームを楽しんでいるうちに、身体はぽかぽか!また、『森がくれた遊び場』では、身体の冷えた子どもたちがドラム缶風呂で、着替えのない方や大人の方も一日限定の『春の足湯コーナー』でほっこりと身体を暖めていました。館内の『昔あそび広場』や『羊毛ストラップ体験』も盛況で、ロビーからは明るい声が絶えず聞こえてきました。
今日は『みんなで遊ぼう!ふぉれすと鉱山の輪』以外にも、指絵具で自由にお絵かきが楽しめる『ことねおねえさんのおえかき教室』や、パーコレーターを使って美味しいコーヒーを楽しむ『コーヒーがくれた時間』など、当日突発でおこなうプログラムもありましたが、どれも来館された方に楽しんでいただけました。

春スペ最終日もみんなで楽しいプログラムが満載です!
身体を動かして、美味しく食べて、春を味わい尽くしちゃいましょう!!
参加者 参加者:155名(大人65名、高校生4名、中学生5名、小学生47名、幼児34名)
活動場所 ふぉれすと鉱山、グラウンド周辺、むかいの池、カマンペツの河原、グリーンタフの崖
チームスタッフ(敬称略) 虫チーム:高橋、紺野ゆ、紺野し、佐々木め
ひげ工房チーム:長田お、千葉げ
木も知チーム:渡辺け、影山、福澤、横山
ふんわり工房チーム:長田た、庄司ふ、福澤、武田
里マイチーム:後藤、浦崎、八木橋、栃木
鉱ボラ部チーム:及川ひ、椛澤
ボランティアスタッフ(敬称略) 安倍、伊藤よ、及川ひ、椛澤、菊地ま、釘嶋、木幡みえ、進藤ま、千葉ま、道場、野上た、松原し、宮尾、村上、山田よ、吉田し、吉中こ、吉中ゆ、渡辺り、渡辺あ、渡辺りゅ
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、遠藤、吉元、東谷、久保田、進藤、山ア、山田
タイムスケジュール 10:00〜15:00
Comment 東谷
photos 伊藤よ、松原、東谷、久保田、進藤、山ア
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)