本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

お知らせ2013年度活動報告

2014年2月2日(日)曇り後雪 -5~-1度 第7回ふぉれすと鉱山冬まつり
活動内容 今年で第7回となる冬まつりは、気温も低すぎず、先日積った柔らかい雪もあって雪遊びが楽しい日和の中スタートしました!
 まつりのオープニングは雪中での豆まきから!鬼たちがまく豆やお菓子をみんなで元気良く拾いました。
 木工室ではオリジナルコースターづくりがおこなわれました。ヤスリかけ、焼きペンをで模様を描き込んだりと、みなさんこだわりのコースターを作っていました。ゆきこおねえさんの折り紙教室では指輪やリボンなどをつくりました。
 昼食後には“エンジェルハンドベルリンガーズ”のみなさんによる、ハンドベルのコンサートがおこなわれました。ハンドベルの音色を楽しみにきたみなさんでホールは満員!澄んだベルの音に癒される一時を過ごしました。
 投票による第5回雪像コンテストの最優秀賞は、数ある力作をおさえ、チーム・森サロパパーズのふなっしーが選ばれました!今年はすべり台やかまくら、上にのって記念写真が撮れる雪像が勢ぞろい。みなさん、見るだけでなく、登ったり写真を撮ったりして雪像を楽しんでいました。
 冬まつりの締めくくり『山神社カップ』の今年の種目はリレーと雪積み。即席チームで争われたリレーでは築山をかけのぼり、クジで運だめし!チューブやソリなどクジで出た道具を使って築山を滑り下りて、ました。雪積みでは大人も子どもも協力して、10分間でより高く雪を積むことにチャレンジしました。
 冬まつりが終わった後も遊んでいる子どもたちの姿があるなど、一日を通してソリ遊びやアイスホッケー、大人の方は歩くスキーやネイチャースキーなど、冬の遊びを満喫していただけたと思います。
 冬の楽しみはまだまだこの先も続きます!ぜひ、また鉱山町へ冬を楽しみに来てください!
参加者 173名(大人73名、高校生2名、中学生1名、小学生63名、幼児34名)
活動場所 ふぉれすと鉱山
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略) 市村か、市村ふ、小野田、影山、木幡みえ、木幡みね、伊藤よ、佐々木め、千葉げ、福澤、星、吉中あ、吉中こ、吉中ゆ、渡辺り、渡辺け
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、吉元、遠藤、東谷、久保田、進藤、山﨑、山田
タイムスケジュール 10:00~15:00
報告者(コメント) 東谷
報告者(写真) 松原、東谷、久保田、山﨑、進藤、山田
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059-0021北海道登別市鉱山町8-3
TEL 0143-85-2569  FAX 0143-81-5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)