本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年10月28日(日) 曇りのち雨 12度 「登別郷土文化研究会 歴史ガイドサポート」
 活動内容   今日は登別郷土文化研究会のみなさんが、鉱山町の歴史跡や歴史資料を見るために、ふぉれすと鉱山へ来てくださいました。ここに来るまでの間に、幌別の町にある他の馬頭観音を観察してきたということで、まずは遊歩道横の馬頭観音を見に行くことに。落ち葉に彩られた鉱山町の馬頭観音を感慨深げにお参りされていました。続けて軌道跡に下りて銀座通りの方へ歩いていくと、くりのきひろばのクリの木から落ちたクリがたくさん!鉱山町の歴史の行き証人からのお土産として、少しばかりのクリ拾いを楽しみました。銀座通り、友子の碑、銅精錬所跡と歴史跡を回っている最中は、参加者同士での質問や説明も盛んに飛び交い、限られた時間ではありましたが、一斗缶で固めて作ったスラグのブロックや耐火レンガの壁など、様々な歴史の証を見学することができました。施設に戻ってからは、黄渓の歴史跡を調査した際の映像を観賞しました。
鉱山町とふぉれすと鉱山には、今日見られなかった歴史跡や歴史資料が他にもあります。ぜひ、今度お越しになった際には、それらも目にしてみてください。
参加者 14名(大人14名)
活動場所 馬頭観音、軌道跡、銀座通り、銅精錬所跡の河原、銅精錬所跡、和室
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 東谷
タイムスケジュール 10:30〜11:30 鉱山歴史ガイド
11:30〜12:30 歴史資料映像鑑賞
Comment 東谷
photos 東谷
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)