本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年10月20日(土)晴れ/曇り 10〜6度 月汗ヤマドリ「北尾根から鷲別岳(室蘭岳)・カムイヌプリ縦走」
 活動内容   朝方は怪しげな雲行きだったが、さぁーと秋空が広がり、絶好の登山日よりとなった。今月のヤマドリは鷲別岳北尾根コースへチャレンジ。登山口はかつらひろばからとなり、3〜4時間はかかるかと胸算用、割と整備された登山道を快調に進むとすぐに沢との出合、いくつかの小沢を渡り、いよいよ北尾根へととりつくことになる。最初はまずまずの登り、だんだんときつくなり、その分高度は稼ぐ。スタミナ切れの前に早めの補給、まだ展望はきかず、C600くらいで行動食をとる。まもなく特徴的な小さな岩塔が見えてきて、絶景のポイントとなる。秋の裾模様には少々色が足らないが、遠く羊蹄山やニセコ連山、そして洞爺湖や稀府岳、伊達紋別岳が指呼の中、鷲別岳裏沢の核心部は目の前に伸びている。素晴らしい眺めにしばし時間を忘れる。山頂までは微妙なコースを行く。右側の崖に細心の注意が必要である。と・・見慣れた山頂の鐘が見え出す。登り始めてから約3時間、911mに到着です。西風が吹き上げているが問題なし。山頂からは予定変更でカムイへの縦走を敢行、今回のヤマドリは予想外の展開となった。参加された皆さん、ご苦労様でした。
参加者 2名
活動場所 鷲別岳北尾根〜カムイヌプリ
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原
タイムスケジュール 9:30〜16:00
9:40~12:40山頂~13:30カムイ山頂~15:00ヒュッテ~カムイ登山口16:00
Comment 松原
photos 松原
快適な登山道  2〜3カ所の沢を越える 
   
行動食をとる   上部の登山道は特に整備されている
  
 高度感のある岩塔から裏沢を眼下に
 
 うっすらと羊蹄山が
 
 稀府岳
     
まもなく山頂 
   
 カムイヌプリ
 
 樹肌が美しいダケカンバを通り抜ける  ふぉれすと鉱山も見えた
 
 見慣れた山頂 鷲別岳
   
カムイヌプリ山頂   カムイヒュッテ
 
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)