本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年9月21日(金)晴れくもり 23度 幌別西小学校3年生総合的な学習
 活動内容   今日は幌別西小学校3年生のみなさんにお越しいただきました。
森のつながりを見つける「植物」「虫」「生き物」の3コースに分かれて活動を行いました。
植物チームは、幌別鉱山線林道を歩きながら種やお花、実を探しながら歩きました。子どもたちは興味津津で自然の中にあるいろいろな物を見つけます。好奇心って凄いなぁと改めて感じました。オオイタドリの種、オオウバユリの種の多さに驚いたり、ツリフネソウの種を触ってはじいてみたり、ヤマウルシの見分け方も完ぺきになりました!残念ながら樹上に実った山ブドウを食べることはできませんでしたが、生き物と植物の繋がり、植物の種子のいろいろを学ぶ事ができました!
虫チームは、施設周辺の草むらや木の下、落ち葉の積った土の道などを巡り、それぞれの場所にどのような虫が住んでいるかを調べました。子どもたちは虫とり網を手にトンボやバッタを追いかけたり、スコップで地面を掘って土壌の虫たちを探したりと夢中になりながら虫たちを探していました。途中では、虫こぶや葉に包まったクスサンの繭、食べられたクワガタなども発見し、虫と植物、他の生き物との関係を実際に見て、触れて、考える機会となりました。
生き物チームは、カラマツ林からスタート。足元に落ちている変な形の松ぼっくりを見つけて、それがリスが食べたあとだと学びました。また、さらに森の奥へと出かけると、野鳥に食べられたキタコブシの実、ネズミに食べられたエゾヤマザクラの種、ハンノキハムシに食べられて葉っぱなどなどいろんな痕跡を発見!生き物と植物をはじめとする森のつながりの発見を楽しみ、学びました。
まとめの時間では、それぞれのコースでの発見を発表しました。そして、森のつながりをゲームで体感しました。
参加者 60名(大4小56)
活動場所 グラウンド、幌別鉱山林道、遊歩道、山神社
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 遠藤、東谷、久保田
タイムスケジュール 9:20〜11:30
Comment 遠藤、東谷、久保田
photos 遠藤、東谷、久保田
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)