本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年9月15日(土) 晴れのち雨 20〜29度 月汗ヤマドリ in 空沼岳
 活動内容   今日の月汗ヤマドリは、「空沼岳」ということでちょっぴり遠征してきました。
8:00に登山口に到着し、準備をしていざ出発!
万計沢川を渡り、針広混交林の中を歩きはじめました。
すると…「キョーン、キョーン」の声が響き渡りました。
もしかして…と心躍らせると目の前にクマゲラが登場!素晴らしいお出迎えを受け、さらに森の中を進みました。
沢の音から少し外れて、緩やかな山道を歩き続けると、巨木たちの緑に包まれました。
さらに歩くと、万計沢川を渡り、清流の音を楽しみながら急斜面を登ると、目の前に滝が現れました。
さらに進むと視界が開けて、万計沼が目の前に広がりました。
万計沢川のはじまりの万計沼!山の中の静かな沼が水を湛え、清流を生み出しているとは…感動でした!
素晴らしい景色のなか、はやめの昼食をとり、空沼岳の頂上を目指しました。
道中、シダ、垂直分布の植生の勉強をしながら、登りを進めます。
真簾沼を楽しみ、2時間歩いた先には、岩で敷き詰められた空沼岳の頂上!
札幌方面の景色が広がり、恵庭岳方面は雲に包まれていました。
登山口までの道のり、山荘を眼下に見つけ、長かった道のりをなどりました。
帰り道は雨に降られましたが、雨道の歩の進め方、リスクマネジメントを学び往復15.4Kmの道のりを無事下山しました。
万計沼、空沼岳、心に残る素敵な山旅でした。
参加者 2名(大2)
活動場所 空沼岳
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、遠藤
タイムスケジュール 6:00 集合、移動
8:00 空沼岳登山口、準備
8:20 登山開始
10:55 万計沼休憩
11:25 出発
13:30 空沼岳頂上
13:55 下山開始
15:00 万計山荘休憩
15:20 万計山荘出発
16:50 登山口到着、移動
19:10 解散
Comment 遠藤
photos 松原、遠藤
   
   
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)