本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年7月23日(月) 曇り 19度 たまにはアウトドアライフ
 活動内容   沢あそびには若干肌寒さを感じるが、参加者全員やる気満々。一路清流へと車を走らせる。流れに足を入れると「冷たい」の第一声の叫び。しかし、白水川は相変わらず美しく澄み切っている。サワタビの効果で滑ることはない。どんどん進み、白水プールに到着。まずは飛び込みのデモンストレーション。見事な飛び込みでした。さらに上流のF1まではわずかな距離、ちょっとした深みを越えてしみ出る泉はとても冷たいが新鮮な感じがする。頭から浴びると何かいいことがありそう。本日のメインイベントは5mほどの高さからの飛び込み。格好良く飛ぶと超冷たい「お釜」に「ドボーン」全身見えなくなるほど深い。ちょっとの冒険いかがでしたでしょうか?さらに「たまアウ」は続く。冷えた身体には温泉が一番と言うことで、川又温泉へと歩を進める。20分ほどの行程で温泉着。早速、薬効があるお湯をいただいてから、入浴となる。温めのお湯でも温泉は温泉、少しは暖まったでしょうか。本日はお疲れ様でした。
次回は8月18日(土)三段の滝までMTBで行きます。片道約4qの道のりです。アクティブライフのたまアウの参加をお待ちしております。
参加者 13名
活動場所 白水川、川又温泉
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 吉元、松原
タイムスケジュール 10:00集合
10:40出発
11:10入溪
12:30昼食
12:50川又温泉
14:10現着
Comment 松原
photos 松原
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)