本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年7月19日(木) 晴れ 20度 
2012年7月20日(金) 曇りのち晴れ 19度
「幌別東小学校 宿泊学習サポート」
 活動内容   総合的な学習で川について学んできた幌別東小学校のみなさんが、実際に川を体験し学ぶためにふぉれすと鉱山へ来てくれました。

【一日目】
この日は午前・午後と五感で川を体験する活動をおこないました。
午前中の活動は施設周辺の河原での幌別川観察です。箱メガネを使って水中を覗いたり、水生昆虫を探したりしながら、下流部とは違う上流部の様子を観察しました。同時に、河原のすぐそばにあるズリ捨て場で鉱石探しも一緒におこない、見つけたお気に入りの鉱石をお土産にすることにしました。
午後は午前中に観察した上流部の川の流れや深さ、石の様子などを実際に自分の身体で体感するべく、リバートレッキングに挑戦しました。下流部にはないような巨大な岩石や川一面の一枚岩に子どもたちは驚いていました。また、温度計やピンポン玉などを使った実験で、下流部との比較や川の箇所ごとの流れの違いについて体験的に学習しました。激しい流れを乗り越えた後はプール状になった川の深瀬で泳いだり水をかけあったりして、思い切り川と親しみました。

【二日目】
二日目は昨日採ってきた鉱石を使ったお土産づくりと川の学習のまとめをおこないました。今回作った鉱石のお土産はネックレス。金や銀に光る黄鉄鉱・黄銅鉱の入った石を針金で固定し、ビーズと首ひもをつければ、オリジナルのネックレスの完成です!
川の学習のまとめでは、ダンボールに下流部と上流部それぞれで採取した砂と石を標本にして比較する活動をおこないました。それぞれの砂と石の様子を観察し、子どもたちは川の上流と下流との石の違いや川の作用について発見をしていました。

川やそれに関わる川辺の環境、川の生物、石など、実際に目で見て触れて、何か発見したことはありましたか?身近なところからでも、ぜひまた自分自身の五感で自然を体験してみてください。そうすれば、自然の中に隠れた沢山の不思議や、その答え・ヒントを見つけることができるはずです。同時にその自然を楽しみ、親しむこともできます。川やその他の自然と親しみたくなった時には、またふぉれすと鉱山に遊びにきてくださいね!
参加者 26名(小学生21名、大人5名)
活動場所 一日目:ズリ捨て場、滝ノ沢橋の河原、武田さんの河原
二日目:木工室
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 一日目:土屋、東谷
二日目:土屋、東谷
タイムスケジュール 一日目:10:00〜11:00 川の観察&鉱石さがし
    12:40〜15:30 リバートレッキング
二日目: 9:30〜10:50 鉱石アクセサリーづくり&川の学習のまとめ
Comment 東谷
photos 土屋、東谷
   ご利用ありがとうございました
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)