本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年7月15日(日) 曇り 22度 札幌大学沢登り活動サポート
 活動内容   「つめた〜い」第一声が谷間に響き渡る。学生さんたちは悲鳴を上げる。最初は沢下り、20分もすると本流と合流する。少し前の大雨の影響か、沢はだいぶんあれている。太い倒木が目立つ。冷たく寒い沢登りをしていると、絶好の遊び場があった。これを見せられたらやるしかない。と言うことで、ドボーンと飛び込む寒い上に全身ビシャビシャでますます「さむーい」ふるえがくる中での昼食は「おいしい?」
本日のイベント会場に到着。三段の滝は流れが変わっていてイメージ通りの滝登りは不可の結論。でも、少し短いが登って、降りてを実行。結局最後まで陽が射さず、しょぼいたき火も温まるまでは行かなかった。
今度はサンサンの日射しでやりましょう。
参加者 5名
活動場所 カマンベツ沢Bルート〜三段の滝
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 吉元、松原
タイムスケジュール 9:30-14:00
Comment 松原
photos 松原
 
 
 
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)