本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年7月5〜6日(木〜金) 曇り〜雨 16度 登別市立青葉小5年宿泊学習サポート
 活動内容   登別市立青葉小の5年生が宿泊学習の一環でふぉれすと鉱山へと来てくれました!一日目、午前中は2チーム"どっぷり川コース"と"いいとこどり森コース"に分かれてリバートレッキングや川遊び、自然観察を楽しみました。ポツポツと小雨が降りしきる天候であったにも関わらず、子どもたちは元気いっぱい!いいとこどりコースは水をかけあって遊んだり、水生昆虫探しをしたり、川に浮かんだり、みな楽しそうに遊んでいました。どっぷり川コースは、リバートレッキングで鳥の世界へ。川の水はとっても冷たかったけど、歩き出すと徐々に慣れてきました。上流に向かって歩く間、石をひっくりかえして水生昆虫の観察。カワガラスなどの野鳥たちがこ
のトビケラたちを食べているんだね、と思いを馳せながら深みがあれば、ぷかぷか浮いて流れを楽しみました。ゴールの淵では、どっぷり全身ずぶぬれになりました。午後からは、ホールでネイチャーゲームを行いました。「私は誰でしょうゲーム」では、自分の後ろに付けられた動物カードはいったい何なのかをあて、鉱山町では一体どれほどの野鳥が見る事が出来るのかを勉強しました。「オーディアー!」では鳥が住むために必要な環境条件に焦点を当て、生き物の生態系バランスについても勉強しました。

二日目は昨日同様川コース、森コースに分かれ、ふぉれすと鉱山周辺と山神社周辺の遊歩道を歩きながら、鳥の事について勉強しました。実際に野鳥が使った巣箱を見てみたり、クマゲラやアカゲラが残したフィールドサインを見ながら歩きました。野鳥の姿はほとんど見る事が出来ませんでしたが、野鳥の生態、暮らしぶりをたっぷり勉強しました。
参加者 63名
活動場所 滝の沢、銅精錬所跡、遊歩道、山神社
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 遠藤、久保田
タイムスケジュール
Comment 遠藤、久保田
photos 遠藤、久保田
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)