本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年7月3日(火) 小雨のち曇り 20度 「室蘭市立翔陽中学校 炊事遠足サポート」
 活動内容   室蘭市立翔陽中学校の一年生さんが、ふぉれすと鉱山へ炊事遠足にきました。今回は『サバイバル炊事遠足』ということで、139名の生徒たちが4つの班に分かれ、分担して全員で使うたき火・箸・お茶・スウィーツの準備に取り掛かりました。
たき火班は与えられた材料を使い、自分で一から火おこしに挑戦しました。少しじめっとした天気でしたが、全ての班が火を無事に確保することができました。
箸班は間引きしてあった木から剪定ばさみで枝を切り、そこから一本ずつナイフで箸に削り上げていきました。枝の先を整えて完成の箸は、サバイバルらしいワイルドな仕上がらいになりました。
お茶班とスウィーツ班は、みんなで材料となるクマザサとヨモギを採りに行ったあと、食堂で調理を開始しました。クマザサはサッと洗い、細かく刻んだものを炒めて、やかんで煮出せば、香ばしい香りのあるクマザサ茶に早変わり!ヨモギもやわらかく茹でて白玉に混ぜ、美味しいヨモギ団子にしました。料理が得意な子を中心に協力して、みんな一生懸命に調理していました。
それぞれが完成したものを持ち寄って、いよいよ炊事の時間。思いのほか口当たりがまろやかで甘いクマザサ茶に子どもたちはびっくり!ヨモギ団子も甘くておいしいと大人気。自分たちのたき火と箸を使って、美味しく楽しく食事をしました。

お互いの力を合わせあって完成した炊事遠足はいかがでしたか?大変なところもあったかもしれませんが、その分達成感を味わってもらえたのではないかと思います。ぜひ、またふぉれすと鉱山に遊びにきて、色々なことにチャレンジしてみてください!
参加者 150名(中学生139名、大人11名)
活動場所 炊事棟前、遊歩道周辺、ホール
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略) 福澤
ふぉれすと鉱山スタッフ 吉元、東谷
タイムスケジュール 10:00〜11:30
Comment 東谷
photos 福澤、松原、吉元、東谷
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)