本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年6月7日(木) 晴 19度 「登別市立西陵中学校1学年 炊事学習」
 活動内容   火おこしコース
お昼においしい飯盒ご飯、BBQを食べるために焚き付けの調達から始めました。
鉈を使うことにも挑戦しました。割りにくい木、割りやすい木を節を見ながら選別して薪割りをしていました。
班ごとに分かれて、薪を割り作業、うちわであおぐ作業、みな分担して火おこし作業に没頭していました。
すぐに火が起こる班や起こらない班ありましたが、先生も協力して、みな無事に飯盒でご飯を炊くことに成功しました。
残った火を使用して炭に火をつけてBBQをしていました。

クマザサ茶コース
クマイザサを利用してササ茶作りに挑戦しました。
クマイザサを自分たちの手で採取、調理してササ茶を作成しました。
ちょうど良い味、苦い!と意見は分かれている中、こんな味になるんだ。と驚いている子もいました。

クラフトコース
各クラスの思い出写真を飾る看板づくりに挑戦しました。
まずは材料集め。遊歩道をぐるっと散策しながら、松ぼっくりや木の枝、ヤマブドウのツル、更にはセミの抜け殻などなど、材料になりそうなものを集めて歩きました。
散策中にはキノコやシカのフン、昆虫たちとの出会いもあり、賑やかな材料探しとなりました。
木工室に帰ってからは、各クラスごとに分かれて看板づくりに取り組みました。
レイアウトがなかなか決まらず苦戦しながらも、それぞれのアイディアを持ち寄り、少しずつ完成していく看板。
ホットボンドで松ぼっくりをつなぎ合わせて作った動物など、素敵な飾りのついた看板が完成しました。
材料から自由に作ることの楽しさは体感することができましたか?自然の中には材料がいっぱいあります。
身近にあるものを活かしてぜひまたクラフトを楽しんでみてくださいね。
参加者 58名
活動場所 ネイチャーホール、グラウンド、炊事棟、遊歩道、食堂、調理室、木工室
チームスタッフ(敬称略) 森のちょこっと子育てひろばチーム:神尾、市村、佐々木め、二瓶
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 遠藤、東谷、平塚、土屋
タイムスケジュール 9:00〜15:00
Comment 東谷、土屋
photos 平塚、土屋
   
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)