本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年5月31日(木) 晴れ 22度 ボランティア活動 川又温泉修復・整備
 活動内容   朝から快晴、まさに作業日よりです。本日は川又温泉が「埋まっている!」の情報があり、その回復作業をすべく、ふぉれすと鉱山職員とボランティアの皆さんで出かけました。牛舎奥林道は途中で先だっての大雨によるダメージで林道が大きく掘れて車両の通行不可です。スコップや胴長などの道具を抱えて徒歩で川又温泉に出向きました。写真で見たとおり温泉の湯船は土砂などで浅く、小さくなっていました。早速、みんなで埋まった土砂の掘り出し作業を始めました。ひたすら土砂を取り出す作業を行いました。温泉から土砂を取り除くごとに増えていく水量。びしょ濡れになる覚悟を決め、温泉に浸かりながらスコップで黙々と作業を続けます。作業開始時は砂利、砂、大きな石、木くずによって、ほぼ原形を失っていた川又温泉ですが、1時間掘り進めると次第に土砂崩れ前の姿を取り戻しました。難工事でしたが、何とか8〜9割方回復しました。皆さん、ご苦労様でした。ありがとうございました。なお、関係箇所によると林道の修復工事は未定のようです。従って、今回のように牛舎奥の途中から徒歩で行くか、手前の林間コース(カラマツコース)約1.8qからいくことになります。いずれにしても片道1時間をみておいた方がよいです。
参加者
活動場所 川又温泉
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略) 木幡みね、木幡みえ、永田
ふぉれすと鉱山スタッフ 吉元、土屋、平塚、久保田、松原
タイムスケジュール 10:00〜14:00
Comment 松原
photos 松原
   
   
 
  約50mほど林道が大きく掘れていて
車両の通行はできません 
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)