本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

2013年2月9日(土) 晴れ 「第6回 森の子育てフォーラム」
 活動内容   今年の子育てフォーラムは、自然の中の子育てを1日かけて体験してもらおうと企画しました。鉱山で進める子育て支援の活動は、自然の中でおもいっきり遊ぶことはもちろん、親子で過ごす思い出づくりや仲間づくり、そして多くの方々の協力で運営をしているのが特色です。その一端をお伝えできる場であったなら大変ありがたいです。
また、本来であれば、12月開催でしたが暴風雪の影響で2月に移動しての開催です。以下に今回の活動内容をご報告いたします。

「たき火&くんせい体験」
子どもたちに大人気のたき火の火つけを体験してみました。新聞紙や木切れなど用意された道具を使い、まずは自分たちの思うように火おこしに挑戦!はじめてたき火をする方も、経験者の火おこしのコツを試してみながら、無事に火をおこすことができました。おこしたたき火はくんせいづくりに活用し、ちくわ、たくあん、ウインナーをダッチオーブンでくんせいにしてみました。別にくんせい器でつくったえだまめの燻製も美味しく桜の香りがつき、こちらは他のコースのみなさんにも試食してもらいましたが、美味しいと絶賛でした!火や木など自然に触れ、それを知るキッカケの一つとなるたき火体験は、大人も子どもも楽しめる体験です。ぜひ、今度はその面白さを親子で体験してみてください。

「バターナイフづくり」
エンジュやオンコ等思い思いの木を選び、日常使いのバターナイフづくりに挑戦。よいものができたようでみなさんほくほくエガオでした。

「コーザン子ども会議」
コーザン子ども会議は3名のみなさんにお集まりいただきました。まずは、知っているようでまだ知らないことがあるふぉれすと鉱山を見学。子育てフォーラムのプログラムや新しくできた建物、へぇこんなのもあったの、小学校の時泊まったよね〜などお話をしながら、アイデアを出しながら見学しました。そして、ふぉれすと鉱山でやりたいことを話し合いました。やりたいこと、ボランティアしたいことなどを話すうちに…参加したみんなが今度高校生になるので、高校生が参加できるボランティア部「鉱ボラ部(こーぼら)」を結成することになりました!来年より始動予定!

「外遊び親子ゲーム」
一昨日からの雪で、ふぉれすと鉱山のグラウンドは一面の雪景色。その中で今回は親子で楽しめる冬のゲームを体験しました。はじめはウサギとキツネに分かれて、足跡をヒントに探すかくれんぼゲーム。足跡のついてない雪原にウサギの子どもたちがつけた足跡を、キツネの大人たちが辿って、子どもたちを探します。子どもたちがわざとつけた足跡に騙され、見つけるのに苦労しました。みんなが見つかったところで、今度は親子ペアでのソリリレー。雪原を走り、つるつる滑る築山を登り、親子なかよくソリに乗って滑りおりるという、シンプルなリレーですが、築山の予想外のつるつる具合と雪によるソリの滑りにくさで、勝負はデットヒート!親子で大いに盛り上がりました。

「クライミングボード&木登り」
まずは初級者コース。クリアした方は中級者コースにチャレンジしました!初級者コースは子どもたちに大人気で、12回も登った強者がいた程でした。木登りも人気でした。登るのが難しい木でも、一度コツを掴んだら、あとは何回挑戦してもスイスイ登れてしまうのです。木から雪面へジャンプ!も大人気でした。
参加者 38名(大人15名、中学生3名、小学生8名、幼児12名)
活動場所 ホール、木工室、図書室、炊事棟前、グラウンド、中庭
チームスタッフ(敬称略) ひげ工房チーム:長田お、星、千葉げ
木も知チーム:影山、横山、渡辺、福澤
ボランティアスタッフ(敬称略) 星き、野上た
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、吉元、遠藤、東谷、久保田、平塚、渡瀬
タイムスケジュール 午前の部 10:15〜12:00 バターナイフづくり、たき火&くんせい、コーザン子ども会議
12:00〜12:20 くんせい試食会&コーザン子ども会議発表
12:20〜13:00 昼食
午後の部 13:00〜15:00外遊びゲーム、クライミングボード&木のぼり
Comment 吉元、遠藤、東谷、久保田
photos 松原、吉元、遠藤、東谷、久保田、平塚、渡瀬
   
   
   
  
   
   
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)