本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年7月20日(水) 曇り 17度
2011年7月21日(木) 曇り 22度
「追分小学校宿泊学習」
 活動内容  今年も追分小学校の子どもたちが宿泊学習にやってきてくれました。
一泊二日はあっという間でしたが、ふぉれすと鉱山で川遊びなどの遊びを思いっきり楽しんでいってくれました。
おみやげには鉱山で採れる特別な石を宝物として持ち帰り、みんなとても喜んでいました。
【1日目】
1日目の天候は、夏らしくない肌寒〜い日。しかし、せっかく遠くまで来たのだから、やっぱり川で遊びたい!ということで、まずはふぉれすと鉱山近くの川原から遊び場“滝ノ沢橋下の川原”まで、リバートレッキングを行いました。気温だけではなく、水温もとってもとっても冷たい中、一歩一歩踏み出していきました。
深みを越えて、ゴールに到着したら、川遊び開始。飛び込んだり、浮かんで流れたり、みんなぶるぶる震えながらでしたが、思いっきり川を楽しむことができました。

夜のナイトハイクは、山神社と林道の2コースで夜の森へ向かいました。川の音、ヨタカの鳴き声、カエルの鳴き声、生き物の気配…様々な夜の自然を感じることができました。そして、それぞれのコースで、“動物の目”“ソロウォーク”をいった夜ならではのアクティビティを体験しました。

【2日目】
2日目は青空が広がるいい天気。今日はふぉれすと鉱山にある特別な石をおみやげにするためみんなで特別な石を探しに行きました。ぱっと見はただの石ですが、鉱石ハンマーを使って割ってみると中にはキラキラと光る結晶が!黄鉄鉱や水晶などいつもは見られない石たちにみんな喜びの声を上げながら一生懸命鉱石さがしを楽しみました。
見つけた石は顕微鏡や図鑑で種類を調べ、花材箱に入れてみんなのおみやげにしました。素敵なおみやげにみんな大満足でした。
参加人数 40名(大人4名、小学生36名)
活動場所 ホール、滝ノ沢、山神社、幌別鉱山林道、ずり捨て場
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 遠藤、土屋、桐原
タイムスケジュール 20日 リバートレッキング 13:00〜15:30
   ナイトハイク 19:30〜20:30
21日 鉱石さがし 9:20〜11:20 
Comment 土屋、桐原
photos 遠藤、土屋、桐原

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)