本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年7月12日(火)晴れ 24度
2011年7月13日(水)晴れ 27度
大沢小学校活動サポート
 活動内容  昨年も来ていただいた大沢小学校のみなさんが宿泊学習に来てくれました。

1日目は、みんなでリアカーを引いて、カマンベツの沢へ。リアカーの荷物はというと...川遊びの秘密兵器“ドラム缶風呂”!
1kmほどの道をゆったり歩いて、目的地についたら、まずは火起こしに挑戦しました。
無事にドラム缶風呂に火をかけたところで、昼食に。
お腹一杯になったら、思いっきり川遊び!!飛び込んだり、浮かんだり、水生昆虫を探したり、とっても暑い中、全身ずぶぬれになって遊びました。
暑いとはいってもさすがにずっと川に浸かっていると寒くなってきます。
そこで、みんなが苦労して運んできたドラム缶風呂が大活躍。体の芯から温まりました。

2日目も引き続き“川”。でも、全身を使った川遊びではなく、川原の自然に注目をしました。
まずは、川原で鉱石探し。みんなハンマー片手にトレジャーハンターになっていました。
そして、川に入ってからは、川底の水晶探しと水生昆虫探しを行いました。

2日間かけて、川そのものと川の環境を体中を使って体験をしました。
まだまだ川には色々な魅力が詰まっています。また、鉱山の川に遊びに来て下さいね。
参加人数 18名(小学生14、大人4)
活動場所 カマンベツ、製錬所跡の川原
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 土屋、東谷
タイムスケジュール 10:00〜15:00 全身たっぷり川遊び
9:15〜11:15 川辺の鉱山の自然を探る
Comment 土屋
photos 土屋、東谷

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)