本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年7月7日(木) 晴れ 24度 
2011年7月8日(金) 雨 19度
「登別市立登別小学校5年生宿泊学習」
 活動内容  登別小学校の5年生たちが宿泊学習で来てくれました。1泊2日の宿泊学習では自然体験やネイチャーゲーム、みんなで協力してのラーメンづくりなど様々なことを体験できました。
【1日目】
リバートレッキングコース:川の中を歩いて上流を目指すリバトレコースでは滝ノ沢からカマンベツまでの約1qを川の流れを全身に感じながら歩きました。途中深みで飛び込んだり水の流れに乗って流れてみたりと、思いっきり川を楽しみました。もちろん2日目のラーメンづくりで使う山菜も忘れずに手に入れとても楽しい活動になりました。
川又温泉コース:川又温泉コースのみんなは“空のペットボトル”を1人2本持ち、出発しました!翌日のラーメン作りで使うために、川又温泉水をくんでくるのが目的のひとつです。片道4キロの道のりを笹笛を作ったり虫を捕まえながら歩きました。そして、ついに目的地の川又温泉に到着!まずは温泉水をくみ、次にお昼を食べ、待ちに待った温泉や川遊びをしました。川に入っては温泉につかり…川に入っては温泉につかり…自然の恵みを存分に感じることができました。
【2日目】
2日目はホールでネイチャーゲームをし、その後食堂でラーメン作りをしました。ゲームは、新聞紙で作った大きな輪を班のみんなで協力し、人差し指だけ上下に移動させます。これはみんなで協力しないとうまくできません。競争する前にみんなで意見を出し合い、どうやったらうまくいくかを話しながら練習をしました。みんなで力を合わせた結果、どの班が一番早いのか分からなくなるくらいでした。他にもみんなで手をつないでフラフープをくぐり、何分で一周できるかも試してみました。からだを動かしお腹もすいたところで、レッツクッキング!!昨日取ってきた三つ葉とワサビの葉、温泉水を使ってラーメンを作りました。ネイチャーゲームで協力しあったことで、みんなのチームワークもばっちり!ラーメン作りも片付けも協力して行うことができました。鉱山でしか食べることができない、みんなの頑張りがないと作ることができない、“まぼろしのラーメン”が完成しました。みんなの協力が形となった2日間でした。
参加人数 42名(大人5名、小学生37名)
活動場所 ホール、グラウンド、川又温泉、滝ノ沢、カマンベツ
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 大橋、桐原、野口
タイムスケジュール 7日 10:00〜15:00
8日 9:15〜11:00
Comment 桐原、野口
photos 大橋、桐原、野口
   
   
   
   
   

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)