本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年6月28日(火) 雨 17度 
2011年6月29日(水) 晴れ 23度 
「登別市立幌別西小学校宿泊学習」
 活動内容  幌別西小学校の5年生の宿泊学習がふぉれすと鉱山で行われました。1泊2日の短い間ですが、鉱山周辺の自然を思いっきり満喫してもらいました。5年生のみんなは、いつもの生活とは違う体験を通してたくさんのことを学んでいってくれました。
【1日目】
白水川リバトレコース:白水川リバトレコースは林道を3.5q歩いて白水川を目指し、そこからさらに白水川をリバートレッキングで上流に向かって進んでいくコースです!鉱山でなければ体験できないリバトレができるとあってみんなワクワクしながら林道を進みました。白水川についてからはいよいよリバトレです。みんな水の冷たさに声を上げながら清流の中を上流目指して進みました。上流には飛び込んだりウォータースライダーをして遊べる場所があり、みんなで思いっきり遊びました。さらに上流にある滝では滝に打たれて遊んだり飛び込んだりして貴重な体験ができみんな寒いながらも大喜びでした。
三段の滝ウォータースライダーコース:天然のウォータースライダーを体験するべく、草木が青々と茂った森を抜けて、三段の滝を目指しました。約4kmの道のりを歩ききった先に見えた三段の滝に、子どもたちからは感嘆の声があがりました。水の冷たさに悲鳴をあげながらも楽しくて仕方がないのか、子どもたちは何度も並んでウォータースライダーをくり返し楽しんでいました。
秘湯川又温泉コース:約4km先にある秘湯川又温泉を目指しました。鳥の声を聴いたり、自然を感じながら林道を進みます。最後の森歩きや川歩きを越えて、川又温泉に到着。昼食後、川遊びと温泉に入るのを繰り返して、たっぷり遊びました。
【2日目】
野草茶づくり:2日目はみんなで鉱山周辺にある野草を使って野草茶づくりを行いました。今回使った野草はササとクワの葉の2種類!野草を採りに行く班と火おこしをする班に分かれていざ活動スタート!お互いの班がそれぞれ役割を持って活動にあたりました。野草採集班はきれいなササを選んだり、まだ渋いクワの実をつまみ食いしたりしながら野草を集めました。その間火おこし班は火付けのコツを教わりながら火おこしに挑戦しました。
集めた野草は水洗いした後細かくきざんで火おこし班が起こしてくれた火で野草を煎り、最後に煮出して野草茶の完成です。最後はお昼と一緒にみんなで自分たちの作った野草茶を楽しみました。
参加人数 75名(大人6名、小学生69名)
活動場所 ホール、グラウンド、炊事棟、三段の滝、川又温泉、白水川、遊々の森
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 桐原、大橋、土屋、東谷
タイムスケジュール 28日 10:00〜15:00
29日 9:15〜11:30
Comment 桐原、大橋、東谷
photos 桐原、大橋、土屋、東谷

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)