本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年6月25日(土) 晴れ 19度 「第二回 ふぉれすと鉱山流里山づくり」
 活動内容  晴天のもと、夏の暑さを感じながら行われた第二回の「ふぉれすと鉱山流里山づくり」。午前中は「里山のお花さがし」ということで遊歩道をみんなで散策しました。多くの人が手入れをすることで植生豊かになったふぉれすと鉱山の森には、黄色、白、紫…と様々な色のお花が生えていました。綺麗なお花を目で楽しんだ後は、そのお花を里山からのお土産として“自分が使う分だけ”少しずつもらい、しおり作りをしました。色画用紙に里山からもらったお花や葉っぱ、種を並べてくっつけ、透明テープでピタッ。開けた穴にリボンを通せば、オリジナルしおりの出来上がり!お花の位置決めなど、みんな真剣なまなざしでしおりを作っていました。
 天気が良かったのでお昼は、外のテーブルでごはんを食べました。今日のおやつは、かまやで焼いた焼き立てピザでした。石窯の高温でサクッと焼き上がったピザをみんなで美味しく頬張りました。
 午後は、お花のお土産のおかえしに、また綺麗なお花が生えてくるよう「里山のお手入れ」をしました。子どもは移植ごて、大人はクワやスコップを使って、一緒にこころのもりの草とりをしました。こころのもりに植えられた木が元気に育ってくれることを願いながら、みんなで一生懸命、草をとりました。作業の合間に、草むらを飛んで歩くバッタを捕まえようと頑張る子どもたち。その姿を温かく見守りながら仕事に精を出す大人たち。そこにはありし日の里山の風景がありました。
 みなさんも、楽しみながら鉱山町で里山づくりしてみませんか?
参加人数 9組20名
活動場所 遊歩道、森トンハウス、こころのもり
チームスタッフ(敬称略) ヂカタビレンジャー:紺野、澤口し、澤口め、福澤、谷口
ボランティアスタッフ(敬称略) 沼田
ふぉれすと鉱山スタッフ 野口、東谷
タイムスケジュール 10:00〜11:30 あいさつ、活動説明、活動@「遊歩道散策」
11:30〜12:00 A「おみやげづくり(お花のしおり)」
12:00〜13:00 昼食、おやつ
13:00〜13:45 活動B「里山のお手入れ」
13:45〜14:00 まとめ
14:00     解散
Comment 東谷
photos 野口、東谷
   
   

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)