本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年5月25日(水)晴れ 12度 こうざん調査隊
 活動内容 先日のながぐつレンジャーのお仕事を引き継いで、今回の調査隊では、巣箱調査を実施しました。
人間が巣箱を覗くことで与える可能性のあるストレスについて、しっかりとメンバーに理解いただいて、実体調査・環境教育・巣箱管理の観点から、巣箱のナンバリングと中の確認作業を行いました。
巣箱の中をのぞくと、シジュウカラの卵、抱卵している親鳥(ブログ参照)、ゴジュウカラの巣材が確認できました。
また、巣材を運んできて巣に出入りするヒガラを見ることもできました。
ながレンの調査を含めて、20個の巣箱の確認ができました。
素早く巣材や使用の有無を確認し、素早く撤収しました。

驚かせてしまった親鳥さんたち、ごめんなさい。今日の調査結果は、これから巣箱を大切に見守っていくための資料として役立てます。
参加人数 3名
活動場所 カラマツ林〜ながレン植樹ゾーン〜トドマツ林
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 土屋
タイムスケジュール 10:00〜12:00
Comment 土屋
photos 土屋

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)