本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年5月5日(木) 晴れ 11度 「GWコーザンスペシャルウィーク3日目」
 活動内容 スペシャルウィーク最終日の今日は天気も良く絶好のスペ日和でした。コーザンで春を楽しもうと今日もたくさんの方が遊びに来てくれました。
本日で3日間行われた『GWコーザンスペシャルウィーク』も最後となりましたが、開催期間中遊びに来てくれたみなさんどうもありがとうございました。
春スペは今日まででしたが、明日以降も鉱山には楽しめるものがたくさんありますのでぜひ遊びに来て下さいね!

【絵本の読み聞かせ@、A】
「絵本の読み聞かせ」は午前、午後の二回に渡って行われました。
三人の読み手が作り出す絵本の世界を楽しんだあとは、そこから飛び出してきた大きなビスケットに舌鼓。
珍しい紅茶と一緒に美味しくいただきました。

【消しゴムはんこ教室】参加者:12組24名
昨日大人編が行われ大盛況だった消しゴムはんこづくりは今日は親子編として行われました。
親子で消しゴムはんこに挑戦できるということで受付開始早々に予定していた人数を超えるぐらいの人気ぶりでした。
作り方のコツを教わりながら親子で土台となる消しゴムを削っていくと・・・最後にはとっても素敵な消しゴムはんこが完成していました!

【プチガイドウォーク】参加者:11名
当初予定にはないプログラムでしたが、お天気に恵まれ春を感じるにはもってこいの日和だったので急遽プチガイドウォークを行うことになりました。
心地よい春の日差しと春風を感じながら歩くと、鳥たちのさえずりや春を感じさせる花などたくさんの出会いがあり、みなさんとても楽しんでいました。

【春の野点】参加者:33名(大人19、子ども14)
桜の花と、暖かな日射しのもと、毎年恒例の「春の野点」を行いました。
ゆったりとした空気の中、おいしいお茶とお菓子をいただき、すてきなひと時を感じることができました。

【クライミング選手権】参加者:30名
子どもから大人まで30人の参加となりました。
1人ずつ練習した後にいよいよ本番!
自分の限界に挑戦しながら、みんな頑張っていました。
大人の部の優勝者はなんと“12秒47”という大記録でした。
皆さんご参加ありがとうございました。

【森のCafe】
スぺ3日目は風は冷たいものの、陽が出るとぽかぽかだったので、暖かいお飲み物
と、動き回って小腹がすく時間帯にたくさんの方がお見えになられました。モモンガ
ハウスは子どもの遊び場になったり、のんびりお話する場だったりと様々な使われ方
がされました。みなさんハウスの気持ちよい空間を満喫していただけましたか?今後
も是非ご活用をしてみてください!

【銀座通り配給所】
ふぉれすと鉱山のロビーに「銀座通り配給所」がオープンしました。
かつで鉱山としてにぎわった鉱山町。「銀座通り配給所は」そのメイン通りにちなんで名づけました。
自然物を暮らしに取り入れてもらうために、人の手を通って作られた作品を配給するという想いをこめています。
今回は、「ふんわり工房・虹」チームと「ひげ工房」チームのものづくりチームがつくる作品が並びました。
さくらMyはしキットを手に入れたみなさんは、特設ステージMyはしづくりに夢中になっていました。
みなさんからいただいた金額の一部は、モモンガくらぶが行う環境保全事業に還元します。
 参加人数 175名(大68名、高校生1名、中学生4名、小学生★52名、幼児50名)
 活動場所 ふぉれすと鉱山とその周辺
チームスタッフ(敬称略) 森ぶっくチーム:酒井ち、倉地、坂倉、渡辺、下田
 ボランティアスタッフ(敬称略) 吉田た、兼子こ、長田お、矢野、千葉、星、小野田、今井、木幡みね、木幡みえ、木幡さ、菊池、山田よ、伊藤よ、吉中ゆ、原、有坂
 ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、吉元、遠藤、大橋、土屋、桐原、野口、東谷、山田ゆ
 タイムスケジュール 10:00〜15:00
 Comment 吉元、遠藤、大橋、土屋、桐原、野口、東谷
 photos 木幡さ、松原、遠藤、大橋、土屋、桐原、野口、東谷、原

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)