本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年4月8日(土) 晴れ 16度 「KoNG8期生プログラム演習 『鉱山の宝?を探そう』」
 活動内容  KoNG養成講座8期生の初舞台は絶好の秋晴れのもと実施されました。
歴史と鉱石をテーマにふぉれすと鉱山近辺の“せいれん”にまつわるスポットを案内しました。始めこそ緊張の面持ちだったKoNG8期生も次第に慣れ、参加者の方と一緒に道中の動植物を楽しむこともできました。心地よい日差しも手助けして全体的に和気藹々とした和やかな雰囲気で活動が進められました。実際に遺跡を見てもらいながら行った歴史のガイドでは、難しい話もあったため子どもたちの頭の上に?マークが浮かぶ場面もありました。しかし、それぞれに興味・関心をひかれた内容もあったようで、「そうなんだ」「どうして?」といった声を聞くことができました。参加者のみなさんお楽しみの鉱石さがしでは、黄鉄鉱や黄銅鉱、石英などをハンマーを使って探しました。自分で見つけたお宝に参加者のみなさんのテンションも最高潮。夢中になって探していると時間があっという間に過ぎてしまいました。施設に戻ってきてからは、見つけた鉱石を使っての鉱石アクセサリーづくりを行いました。不規則な形の鉱石を針金で固定するのはなかなか至難の業で、親子で協力しながら真剣に鉱石と向き合っていました。鉱山町の歴史の証ともいえる鉱石で作ったネックレスと鉱山町の歴史・鉱石への気づき、学びを参加者のみなさんにお土産に持ち帰っていただきました。
反省点も多い初プログラムとなりましたが「また鉱石のプログラムをやりたい」という参加者からの言葉に手ごたえを感じることができました。「今度はこんなプログラムにしたいね」と次へのやる気満々のKoNG8期生鉱石チーム。また何かのプログラムでみなさんとお会いすること鉱石チーム一同楽しみにしています。本日は、ご参加いただきましてありがとうございました!
参加人数 5名(大人2名、小学生3名)
活動場所 岩ヶ崎鉱跡、ズリ捨て場、銅製錬所跡、銅製錬所跡河原、木工室
チームスタッフ(敬称略) KoNG8期生鉱石チーム:宮尾、浦崎、横山あ、横山な
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 東谷
タイムスケジュール 10:05〜 活動開始
10:22〜10:27 岩ヶ崎鉱跡(歴史ガイド)
10:40〜11:10 ズリ捨て場(鉱石探し)
11:40〜11:45 銅精錬所跡(歴史ガイド)
11:47〜12:00 銅精錬所跡河原(スラグの採取)
12:25〜13:00 鉱石アクセサリーづくり
Comment 東谷
photos 宮尾、横山あ、東谷
   
   
   

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)