本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年4月29日(金) 雨 8度 2011年度「里山イベント」
 活動内容 本日は雨が降ったり止んだりのお天気でしたが里山イベントにたくさんのみなさんが来てくれました。
全体の挨拶の後、午前中はつな環チームとヂカタビレンジャーの2つのチームによる里山の魅力を体感できるミニツアーが行われました。

【遊々の森・春ウォーキング】
つな環チームが行ったプログラムは、遊々の森・春ウォーキングです。
カツラの花を愛で、ナニワズの香り漂う森の中を歩き、グリーンタフの河原へ。
遊々の森の散策路を歩き、湿地帯でミズバショウを楽しみました。
途中雨にも降られましたが、とても気持ちがいい春のはじまりを楽しみました。

【春の森あそびと森づくり】
雨が降ったり止んだりの天気の中、親子で森のあそび場をみんなでつくることに。
周辺の倒木を活用して、ブランコを作成しました。
みんなで木を運んで、ノコギリで自分の好きな長さに伐ります。
親子で協力しながらギーコギーコ。
自分で伐った木をロープにくくりつけ、木にかけて手作りブランコの完成。
雨が降っていましたが、へこたれずにみんな遊んでいました。
森にあるものを活用して、森をきれいにしながら、森で楽しむ。
ふぉれすと鉱山の里山づくりはどなたでも参加できます。
5月以降は月に1回開催しますので、皆さんぜひご参加ください!

【森の演奏会】
お昼に施設に戻ってお弁当とおいしい山菜料理を食べた後はホールでのフルートの演奏会が行われました。
札幌から2名のフルート奏者の方にお越し頂き、午後の一時をフルートのしらべを聴きながらゆっくりと過ごす時間となりました。
曲目はクラシックから歌謡曲までどれもなじみのある曲ばかりで大人も子どももみんなでフルートの演奏に聴き入っていました。

森の演奏会の後は参加者みんなで記念撮影をし、最後に鉱山の森で生まれた木の苗をおみやげとして参加者のみなさんにプレゼントしました。
雨模様ではありましたが、鉱山の森の魅力をたっぷりと味わえた一日となったのではないでしょうか。
また鉱山の森へ遊びに来てくださいね!
 参加人数 38名
 活動場所 ホール、食堂、グラウンド周辺、遊々の森
チームスタッフ(敬称略) つな環チーム:谷口、渡辺、
ヂカタビレンジャーチーム:澤口し、福澤、芳沢ふ
 ボランティアスタッフ(敬称略) 山田よ、芳沢め、澤口、岩教大4名
 ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、桐原、吉元、遠藤、大橋、土屋、野口、東谷
 タイムスケジュール 10:00〜14:00
 Comment 桐原、遠藤、大橋
 photos 遠藤、大橋、土屋、澤口し
   
   
   
 

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)