本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年2月5日(日)小雪 -2度 第5回ふぉれすと鉱山冬まつり
 活動内容   今年も雪像が立ち並ぶ季節がやってきました。
第5回目となるふぉれすと鉱山冬まつり!
まずは、毎年恒例の“山神社カップ”!!今年も優勝を狙う猛者(!?)たちが集まりました。
今回はチーム対抗ソリばんばリレーで、森ン子くらぶの親子中心に3チームにわかれて白熱したレースが行われました。
子どもを乗せて引っ張りヘロヘロのお母さんたち...
なので、2回戦目は子どもたちだけでレース!親にも負けない白熱ぶりを見せてくれました。

また、KoNG(コーザンネイチャーガイド)によるプチガイドも行われ、スノーシューを履いて、鉱山の森をのんびりと楽しみました。

お昼からは、こちらも毎年恒例のエンジェルハンドベルリンガーズの皆さんのハンドベルコンサートをみんなで聞き入りました。
エンジェルハンドベルリンガーズのみなさん、どうもありがとうございました。すてきな金の音が鉱山に響き渡りました。

そして、待ちに待った雪像コンテスト表彰式!!
立ち並ぶ10基の雪像の中でみごと最優秀賞に輝いたのは「ママサー」チームの「鉱山マリ男くん」でした。
優秀賞は「森ン子くらぶ」チームの「森ン子ツリー」、MJ賞は「登別中国語交流会」の「龍神さま」がそれぞれ入賞しました。

最後には雪上サッカー大会を実施しました。
まずは子どもの部。雪に足をとられながらも、熱戦を繰り広げていました。
そして大人の部。かなり本気です。明日の体調がちょっと心配になるくらいに真剣に盛り上がっていました。

まだまだ鉱山では、雪あそびなどたのしいことがいっぱい!また来て下さいね。
参加者 152(大人52、高1、中3、小58、幼38)
エンジェルハンドベルリンガーズ(先生2名、子ども18名)
活動場所 グラウンド、ホール
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略) 伊藤よ、星、吉中あ、吉中ゆ、吉中こ、千葉、長田お、宮尾、酒井ち、山田よ、芳沢ふ、芳沢め、外山、佐々木め、佐々木は、藤田る、藤田あ、野上た、庄司ふ、山田り、原、松原し、村上、竹内、石井
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、遠藤、吉元、大橋、桐原、野口、東谷、山田ゆ、土屋
タイムスケジュール 10:00〜プチガイド(随時)
10:30〜山神社カップ
13:00〜ハンドベルコンサート
13:45〜雪像コンテスト表彰式
14:15〜雪上サッカー大会
Comment 土屋
photos 伊藤よ、大橋、野口、東谷、土屋
   
   
  
   
   
   
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)