本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年2月2日(木) 晴れ -3度 「青葉小学校活動サポート」
 活動内容   今日は青葉小学校のみんなが遊びに来てくれました!
足跡コースと川コースに分かれて鉱山を探検しに行きました。
そのあとは、築山でソリすべりなどしてあそびました。ふかふかの雪に大はしゃぎのみんな!鉱山の冬を楽しんでくれました。

【足跡コース】
動物コースは鉱山の森に棲む動物たちの痕跡や気配をさがしに山神社方面へ向かいました。
鳥居まで行ってまずみんなが驚いたのは、積雪によって鳥居がとても低くなっていたことでした。
そしてその近くにはシカたちの歩いた足跡がくっきりと残されていました。
シカの足跡を追いながら山神社の森を進むと、みんなを出迎えるかのようにミヤマカケスが木の枝からこちらをじっと見つめていました。
神社の社殿には屋根の近くに穴が開いていて、壁にはたくさんのひっかき傷が残っているのを発見!
テンがそこには棲んでいたことを知ると、人間が造った建物なども利用して動物たちがくらしていることに驚いていました。
他にも、山神社からの帰り道ではウサギやエゾリス、ネズミの足跡なども見つけることができ、青葉の森ではまだ見たことのない足跡を発見できてみんなとても楽しそうでした。

【川コース】
鉱山近くの川に行って、川の様子を見に行きました。
鉱山橋まで行き、雪の壁に穴を空け、その穴から川を観察しました。
その後、お尻すべりや天然のブランコを楽しみながら、滝の沢の橋まで行きました。
橋は雪がこんもりと積っていて、かまぼこの様な形をしていたので、みんなでかまぼこ橋と名付けました。
鉱山橋からみた川と滝の沢から見た川の水の凍っている度合いが異なり、その違いに驚きました。
植物の種を観察したり、まだ誰の足跡もない場所を歩いて鉱山に戻りました。

冬の鉱山を味わった次は、また違う季節の鉱山を味わうともっと楽しい、もっと学べる、発見できる!
また鉱山に遊びに来てください。
参加者 44名(大人2名、小学生42名)
活動場所 グラウンド、山神社、滝の沢
チームスタッフ(敬称略)
胆振総合振興局産業振興部林務課(敬称略)
モモンガくらぶスタッフ 野口
タイムスケジュール 10:55〜12:05
Comment 桐原、野口
photos 桐原、野口
   
   
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)