本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2011年1月14日(土)晴れ雪 -8度 コーザン・スペシャルウィーク冬
 活動内容   【大型カルタ大会】参加者14名
今日の大型カルタはいつもより大きなサイズで、しかも鉱山にちなんだカルタでカルタ大会をしました!
最初に室内でカルタのえふだをつくりました!完成後、外にでて雪の上でカルタ大会をしました!
走ったりジャンプしたりソリに乗ったり・・・大人もこどもも白熱した戦いになりました。

【かんじき猛レース】参加者15名(大人6名、小学生5名、幼児4名)
大人の部、子どもの部に分かれて、深雪の中をかんじきを履いて駆け抜ける。
深い雪をラッセルして、アップダウンのあるコースで1位を競いました。
白熱のバトルが繰り広げられていました。

【冬の宝探しツアー】参加者25名(大人5名、小学生20名)
館内から出てきた?という謎の宝の地図を手に、山神社・野鳥の森へと宝探しの旅に出ました。雪深い道を進むために子どもたちはゆきんこ、大人はスノーシューを装着して、いざ出発。道中、看板で出題される問題を知恵を出し合って解いていき、3枚のヒントを手に入れました。ヒントをつなぎ合わせると、地図上に宝のありかを示す矢印が地図にあらわれ、子どもたちは大急ぎで、宝の方向へと坂道を登っていきました。丘の頂上に置かれていた宝箱の中身は、金貨を模したコインチョコ。宝箱に敷きつめられたコインチョコをみんなで山分けして、宝探しの旅は終了しました。

【初めてシリーズ スノーシュー体験】参加者3名
ふかふかの雪をもとめて、牛舎奥林道方面へ。雪の感触を楽しみながら散策しました。はじめてスノーシューをはく方がほとんどでスノーシューの魅力にはまっていました。

【ロケットストーブ体験】
ロケットストーブ体験には6名の方が参加してくれました。
比較的簡単に手に入る材料で作ることができ、熱効率がいいといわれるロケットストーブを作ってみようとみなさん真剣な眼差しで説明を聞いていました。
本体はオイルの缶と煙突を組み合わせた構造で一般的なストーブとは少し違った見た目でしたが、火を入れて燃やしてみると少ないまきでとてもいきよいよく炎を上げて燃えました。
最後には自分たちに作ったストーブを使って沸かしたお湯でスープをいただくことができました。

【つるつるリンク】
今日は土曜日ということもあってつるつるリンクには朝からたくさんの子どもたちが遊びにやってきました。
昨日よりもつるつるになったリンクでみんな声を上げながらつるつるリンクホッケーを楽しんでいました。

【築山そりすべり】
スペ2日目の築山はしっかりとそりすべりのコースができ、ソリで滑るスピードも昨日よりも速いものに。
たくさんの親子連れがソリを上手くコントロールしながら築山のてっっぺんからのそりすべりを楽しんでいました。

【森Cafe】
マシュマロにウィンナーに美味しいものがたくさん。みなさんたき火にあたりながら美味しそうにほおばっていました。

【銀座通り配給所】
ひげ工房の木のストラップやふんわり工房の羊毛草木染めストラップなど素敵な作品がたくさん!今日は草木染めアクセサリーも増え、ご来店いただいたみなさん目を輝かせて作品をみていました。

【足湯】
今日の足湯は登別温泉の湯の花いり。ご家族で、お友達同士であったか時間を過ごしていました。
参加者 166名(大59中4小55幼48)
活動場所 ホール、グラウンド、かまや、食堂、ながレンデッキ、炊事棟周辺、牛舎奥林道、山神社方面
チームスタッフ(敬称略)
ボランティアスタッフ(敬称略) 佐々木め、山田よ、沼田、酒井と、野上た、吉田し、外山、千葉、土屋り、木幡みね、木幡みえ、松田て、浦崎、宮尾、吉中ゆ、吉中あ、吉中こ、菊地、星、芳沢ふ、芳沢め、渡辺、永田、長田た、藤田、伊藤な、佐藤、及川、神、渡辺、釘嶋、松原、村上
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、遠藤、吉元、土屋、大橋、桐原、東谷、野口、山田
タイムスケジュール 10:00〜15:00
Comment 東谷、野口、桐原、遠藤
photos 松原、桐原、野口、東谷、星、永田
   

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)