本文へスキップ

活動サポートをしています。お問い合わせください。

ふぉれすと鉱山

2012年1月13日(日) 晴れ −5度 「コーザン・スペシャルウィーク冬 一日目」
 活動内容   待ちに待ったコーザン・スペシャルウィーク冬が遂に始まりました!
13・14・15日と『鉱山流、冬を熱くする方法』をテーマに、寒さも吹き飛ぶ熱いプログラム盛りだくさんで、みなさんのお越しをお待ちしております。
初日の今日は、時折雲がかかることもありましたが、一日お天気がつづきました。寒さが厳しいなかでも、元気いっぱいに外で遊ぶ子どもたちの姿は、まさに風の子。なかには、昼食もそっちのけで冬の遊びに熱中する子もいました。

【鉱山大捜査線】参加者:3名(小学生1名、大人2名)
今年、一、二の寒さの中にも関わらず、天気は快晴の中、足跡探し。
参加者が少なく残念だったけれど、動物の足跡はしっかり雪の上に!
シカ、ウサギ、ネズミ、キツネかタヌキ、及び正体不明(テンかイイズナ?)のが確認できました。子どもたちはスノーシュー(ゆきんこ)で盛り上がっていました。
【オープニングイベント 夢のせたこあげ】
参加者:35名
2011年度の冬スペは連凧づくりから始まりました。凧と同じ形の紙にそれぞれ思い思いの絵や言葉を書き、組み上がった連凧に貼り合わせていけば、3本の連凧の完成です。と、同時に凧づくり開始時にはなかった風が…。絶好のチャンスと急いでグラウンドに出て、3本の連凧を揚げました。凧糸がこんがらがるというアクシデントもありましたが、連凧はどれも青空に向かって飛び上がりました。作る行程、揚げる工程ともに、誰もが真剣そのもの。その思いが、連凧を空へと舞い上がらせたのでしょう。連凧の勇志を目におさめたあとは、冷えた身体に美味しい、あま〜いお汁粉がお待ちかね。みんなで美味しく平らげて、オープニングイベントは無事に終了しました。

【かまや ピザづくり】
参加者:4人(小学生2名、大人2名)
トマトにピーマン、ベーコン、チーズ…、色とりどりの具材を散りばめるのは、自分で捏ねた手作り生地。そんな、自分オリジナルのピザを4名の方と一緒に作りました。作ったピザを石窯でこんがりとやきあげれば、お腹が空く美味しい香りがかまや周辺に広がりました。待ちに待った手作りピザを頬張れば、その美味しさにみなさん顔が綻んでいました。

【ひげ工房 バターナイフづくり】
参加者:3名(小学生2名、大人1名)
一枚の木の板から切り出し、削り上げていくバターナイフ作りは小学2年生の子どもにとって挑戦がいっぱい。ナイフの使い方や糸ノコの使い方を覚えながら、自分だけのバターナイフを製作しました。材料がオンコだったので、削りづらかったですか、ゆっくり削り、最後にサンドペーパーで仕上げれば、ケース付バターナイフの完成です。最後にmyバターナイフを手に記念写真を一枚。木のぬくもり溢れるmyバターナイフ。ぜひお家で使ってみてくださいね。

【鉱山流 ソリ遊びのすすめ】参加者:2名(小学生2名)
普段できない雪遊びということで、ソリを持ってコーザンピークへ!
誰も踏み入れていない新雪だったので、みんな苦労しながら頂上をめざしました。頂上で「ヤッホーッ!!」と叫んだら、一気に下の遊歩道まで滑り降りました。その後はキリロードやながレンデッキを使っての大ジャンプ大会に。みんなでいつもとはちょっと変わった雪遊びを楽しみました。

【初めてシリーズ 歩くスキー体験】参加者:2名(大人2名)
コースは牛舎奥林道。天候晴天、新雪の中を30分歩き、おやつ(お汁粉)を食べました。牛舎横のキツツキがあけた穴を見て、シカ・ウサギの足跡を見ながら予定時間に終了しました。

【森Cafe】
今回の森カフェでは、定番のたき火でおやつ、暖かいお飲み物をご用意しています。モモンガハウスをぬくぬくにしていますので、冷えた体を休めに休憩所としてもご利用ください!

【銀座通り配給所】
コーザン・スペシャルウィークでお馴染になってきました、銀座通り配給所は今回の冬スペでも開店。チームのみなさんの真心が込もった作品たちは、お陰さまで売れいき好調でした。明日、明後日も銀座通り配給所は開店しています。冬スペに来た際には、ぜひ一度覗いてみてください。

【足湯】
森トンハウスとかまやの間に、3日間限定で出現したのは足湯!薪をくべて沸かしたお湯は、何だか少し特別な気分。立ち上る湯気もあいまって、なかなかに雰囲気のある足湯となりました。外で遊び疲れ、冷え切った足を温めるためのベストスポット。ぜひ、お試しあれ!

【つるつるリンク】
つるつるリンクでは、こどもたちがアイスホッケーに夢中!中学生・大学生のお兄さん、お姉さんや大人も交えて試合を始めれば、いつの間にか全員がアイスホッケーに熱中していました。築山からのソリすべり、ソリのすべり台、雪のトンネルなどもあわせて、子どもたちはグラウンドで雪と氷を満喫していました。
参加者 43名(幼児14名、小学生15名、中学生1名、大人13名)
じゃがいもくらぶ:31名
森サロ:参加者13名、ボランティアスタッフ:11名
活動場所 養魚池方面、ホール、グラウンド、かまや、食堂、木工室、コーザンピーク、キリロード、ながレンデッキ、牛舎奥林道、森トンハウス裏
チームスタッフ(敬称略) ひげ工房チーム:長田お、千葉
ボランティアスタッフ(敬称略) 高橋、佐々木め、伊藤よ、山田よ、福澤、庄司ふ、土門、酒井ち、酒井と、渡辺り、木幡みね、木幡みえ、松田て、浦崎、宮尾、下田、吉中ゆ、吉中こ、佐藤、及川、渡辺、釘嶋、松原、村上
ふぉれすと鉱山スタッフ 松原、遠藤、吉元、土屋、大橋、桐原、東谷、野口、山田
タイムスケジュール 9:30〜15:00
Comment 高橋、伊藤よ、長田お、吉元、東谷
photos 宮尾、伊藤よ、松原、土屋、東谷
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     
   
   
   
   

登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3
TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808

Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)