2010年3日27日(土)雪 -2度 ふぉれすと鉱山流 里山づくり 「森に感謝の日」
活動内容 本日は、今年度最後の「ふぉれすと鉱山流 里山づくり」ということで、森への感謝の気持ちいっぱいの活動を行いました。

まずは、前回作った炭を燃やすためにみんなで火起こし。
焚きつけ割り係、火付け係、うちわあおぎ係、炭投入係などなど、みんなのすばらしい連携プレーであっという間に火はつきました。

そして待ちに待ったたき火パーティ!
ポップコーン、ウインナー、マシュマロ、ダッチオーブンを使ったローストポーク、そしてそして前回の炭を使った室蘭焼き鳥を焼きました。
焼いては食べ、食べては焼いて...まずは、みんなが楽しむ番でした。

そして、お昼を食べながらこの1年間のスライドショーを見ました。
その後、アンケートをもとに来年度以降やりたいことなどを和気あいあいと話し合いました。

そして午後からは、森にお返しをする番。
たき火で出た灰を集めて、5月に植樹したこころの森に撒きました。
今は雪だけれども、春になればしっかり地面にしみわたります。


自分たちで作った炭を使っておいしいものを食べ、その燃え終わった灰を地面に撒いて、木が育つ糧とする...
無駄なく循環し、人も自然も満足できる活動となりました。

里山構想は100年間。そのうち2年が終わったところ。まだまだ続きます。
来年度もよろしくお願いします。
参加人数 合計33名(大人14名、子ども19名)
活動場所 炊事棟前、ホール、こころの森
ヂカタビチームスタッフ(敬称略) 吉田し、紺野、福澤、谷口
ボランティアスタッフ(敬称略) 栗林、望月み
ふぉれすと鉱山スタッフ 土屋
タイムスケジュール 10:00〜14:00
Comment 土屋
photos 土屋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ