2010年3月21日(日)曇り 2度 第20回森のようちえん
活動内容 本日は今年度最後の森のようちえんでした。最後の森ようは5組13名と少人数でしたが、風吹きすさぶ中、溶けだした雪でべちゃべちゃになりながら今年最後の雪遊びを楽しんできました。

まず最初は最近よく出てくる冬芽紙芝居を読んで開始!
今日は人数も少なく、雪がぐちゃぐちゃなので、大人はスノーシューをはいて森の中に行きました。

子どもたちは雪に埋まりながらも、森の中をずんずん歩き、始めはちょっと尻込みしたロングコースのシリ滑りも何回も挑戦している姿にたくましさを感じました。
シリ滑りがひと段落してからは、川に行って雪を浮かべたり、小さな焚き火をしたり、雪の人形を作ったり、春を探しながら最後の雪遊びを思いっきり楽しみました。

帰ってきてからご飯を食べて、一年間を振り返るスライドショーをみて今年度の活動が終了しました。

私自身、11月からの参加だったのですが、毎回子どもたちに「自然、外遊び、というのはこんなに楽しいんだよ」「人と人とが心を通わせながら笑うと、こんなに楽しいんだよ」と教えてもらっていた気がします。こういう機会に巡り合えたことが本当に幸せだなぁと感じている今日この頃です。

今度会うときはいつになるかわかりませんが、大きくなったみんなに会えること楽しみにしています!

また、活動のご協力をいただいた、お母さん、お父さん、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。
参加人数 合計13名 (大人6名 幼児5名 小学生2名)
活動場所 和室 ふぉれすと鉱山周辺
森のようちえんスタッフ(敬称略) 外山 矢野 
ふぉれすと鉱山スタッフ 鈴木
タイムスケジュール 10:00〜14:00
Comment 鈴木
photos 鈴木
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ