2010年2月21日(日)晴れ −3度 第18回森のようちえん
活動内容 ふっかふかの雪が降り積もった鉱山で2回目の雪山越えを行いました。
前回と同じでおとうさん、おかあさんは石窯ピザとダッチオーブンスープ作り、子どもたちはスタッフと雪山越えに挑戦してきました。

ホールで活動の説明を聞いて、出発準備を一緒にして玄関先で「行ってきまーす!」「いってらっしゃーい!」と大きな声で言った後、親子別れての活動がスタートしました。

子どもたちはスタッフがスノーシューで雪を踏んだあとを一列になって歩いていきました。
ふかふかの雪は足がとられて歩きにくそうだったのですが、休憩時間は倒れこんだり、座ったり、大人があけた大きな穴にすっぽり入って隠れたりとふかふか雪を楽しんでいました。

大人のひざ下くらい、子どもたちの又下くらいまでの雪をかき分けることもあったのですが、みんな頑張ってゴールしました。
疲れてへとへとになりながらのゴールだったのですが、お母さんと会えた安堵感と歩ききった達成感で疲れも一気に吹き飛びグランドでも思いっきり遊んでいました。

遊び終わった後はお父さんお母さんが用意してくれていたピザとキャベツとベーコンのスープを食べてから今日の活動の写真のスライドショーをみて今週の活動は終了となりました。


次回の森のようちえんはいよいよ最終回となります。
ふかふか雪遊びと春探し、最後は親子一緒に思いっきり雪を楽しみましょう!
参加人数 合計 16組41名(幼児18名、小学生2名、3歳以下2名 大人19名)
活動場所 ホール ふぉれすと鉱山周辺
森のようちえんスタッフ(敬称略) 外山 古瀬 矢野 辻 
ふぉれすと鉱山スタッフ 鈴木
タイムスケジュール 10:00〜14:00
Comment 鈴木
photos 辻 矢野 鈴木
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ