2010年2月14日(日)晴れ −4度 第17回森のようちえん
活動内容 今日の活動は今年初めての親子別々の活動で子どもたちは「雪山越え」お父さんお母さんは「ピザとダッチオーブンクッキング」でした。
しかも今回は満員御礼の74名の方々にご参加いただき、エネルギッシュな感じで活動がスタートしました!

天気予報では晴天の予報だったのですが、始まりの会が終わって、玄関でガムテープを巻いて外に出ると雪。しかもかなり本降りで気温も低い。という条件の悪い天気でしたが、みんなは歩く気満々のようでした。

お父さんお母さんに大きな声で「行ってきまーす!」と言ってお父さんお母さんからは「行ってらっしゃーい!」の大きな声をもらって出発しました。
山神社裏をとおって山を登って帰ってくるという1kmくらいの距離で、急な上り坂があったりちょっと暗い森があったりとバラエティに富んだコースでしたが、楽しみながら歩く子、ちょっとコースを短縮して歩く子、「もう歩けない」「足痛い」と言いながらもがんばって歩く子、それぞれが体の大きさに合わせて、雪山越えを楽しんでいました。
また、お父さんお母さんと離れて、いつもと違う面をたくさん見せてくれていたようです。

子どもたちを見送った後、お父さん、お母さんたちは石窯とダッチオーブンを使って、手作りピザとまるごときゃべつスープづくりに挑戦しました。
ピザ生地をのばしたり、トッピングしたり、焚き火をしたり、野菜を切ったり…。
子どもたちが帰ってくるまでに美味しいおやつを!とみんなで力を合わせて頑張って作りました。

帰ってきてからはお昼ご飯、ピザを焼くのに時間がかかってしまいましたが、おいしくスープとピザをいただいた後はみんなが山で頑張っていた姿をスライドショーでみて、今日の活動は終了となりました。


今日の森の中では(特に先頭を歩く私のまわりでは)休憩時間など、隙間に自分たちでヤマブドウの弦のブランコにして遊んでいたり、木のぼりをしたり、倒木の下のくぼみに入ってみたりと自分たちで遊びを見つけて遊んでいる姿がよく見れました。来月はそういった子どもたちの考えた遊びを親子で思いっきり楽しめるような活動にしていきたいと思っていますので、ぜひ遊びに来てください!
参加人数 合計 23組名(幼児名、小学生2名、大人29名)
活動場所 ホール ふぉれすと鉱山周辺
森のようちえんスタッフ(敬称略) 外山 古瀬 矢野
ふぉれすと鉱山スタッフ 遠藤 山田 鈴木
タイムスケジュール 10:00〜14:00
Comment 鈴木
photos 矢野 鈴木
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ