2010年2月6日(土)-7日(日)晴れ 子ども自然博士講座09 vol.02 知られざる鉱山の昔
活動内容 今年度2回目となる子ども自然博士講座のテーマは「歴史」!!
子どもたちにはかなり難しいテーマかな?とも思ったけれど、8人もの博士見習いが集まってくれました。
今回めざすは、「鉱山博士」と「鉱山ガイド」!鉱山の歴史に詳しくなるだけではなく、それをお客さんに伝えることにも挑戦しました。

6日の午前中には、銀座通りや山神社、岩ヶ崎鉱など、雪を踏み分け探検に行きました。

午後には、鉱山にかつて住んでいた方をお呼びして、昔の学校や生活について詳しくお話を伺いました。
そして夕方と夜には、翌日のガイドに向けての各自興味のあることをまとめました。朝には「ガイドなんて無理!」と口をそろえていたけれども、集中しだすと、予定時間を超えてもみんな熱心に取り組んでいました。

7日は朝から、下見とリハーサル。みんなで助け合いながら入念な準備を進めました。

そして待ちに待った(?)10時30分。「第3回鉱山冬まつり」のプログラム「子どもガイド」の時間になりました。
みんなかなり緊張した面持ちでしたが、はっきりとしたしゃべり・写真や毛皮の活用・現地での見せ方...本物のガイドと肩を並べるほどの活躍でした。
みんなありがとう!!
また、色んなことを学ぼうね!
参加人数 合計 8名(中学生2名、小学生6名)
活動場所 図書室、施設周辺
講師 南部氏(登別市在住)
ふぉれすと鉱山スタッフ 土屋、吉元
タイムスケジュール 6日:10:00〜20:30
7日:9:00〜12:00
Comment 土屋
photos 土屋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ