2009年1月16日(土)雪 -8度 第9回もりもり森ン子くらぶ
活動内容 年末に雪が少ない...と嘆いていたのがウソのよう。
年明けからどっさりと雪が降り、フカフカの深雪が鉱山の森を埋め尽くしています。
今日の森ン子くらぶはそんな深雪を突き進み、森の中で思いっきり雪遊びをします。
お母さんたちは、お餅を使ったおやつづくり。
たくさん遊んだ子どもたちのために頑張って作ります。

深雪を進んでいく子どもたち。
自分の腰くらいまで積もった雪を歩くのは大変だったけど、頑張って歩きます。
途中の小高い場所を見つけて小休止。
休む子もいれば、しりすべりを始める子もいます。
今日はみんな全身に漬物袋を装着して、全身で滑れるようにしました。
普通にしりすべりする子やお腹でスーパーマンのようにすべる子、そして、仰向けで頭から滑る子まで。
いろんな遊びが展開されていました。
さらに、急な斜面を見つけて、上まで登っておしりすべりのコースをつくると...大人でも登るのが大変な斜面を、みんな一生懸命上ってきました。
そして、ドキドキの瞬間。
滑り出してから一気に下まで滑り下りました。
ジェットコースターのようなスリル満点のしりすべりにほとんどの子がハマって、登っては滑ってを繰り返していました。
みんなかなり遊んで疲れていた様子だったので、暖かいココアを飲んで体力回復。
くりの木まで引き返し、最後の最後までたっぷり雪遊び。
斜面をゴロンゴロン転がったり、雪に顔を突っ込んだり、くりの木に登ってジャンプしたり、今でしか味わうことができないフカフカの雪で思いっきり遊びました。

みんなの帰りを待つお母さんたちは2種類のお餅おやつを作ってくれました。
ビショビショになった服も自分たちで着替えてからおやつタイム。
お腹ぺこぺこの森ン子のみんなはすぐにおやつを平らげてしまいました。

今日もたくさん遊び、たくさん食べた森ン子のみんな。
すんごい楽しかったよ。ありがとう。

来月は森ン子最終回。
夜の森に探検に出かけます。
そして、みんなでお泊りにも挑戦しよう!!
みんなで夕食を食べて、夜の森に行って、お泊まりして、次の日も森に遊びに行
きます。
最終回森ン子にもぜひ参加してください。
お待ちしてます。
参加人数 合計 6組14名(幼児7名、小学生1名、大人6名)
活動場所 ふぉれすと鉱山、鉱山町周辺
森ン子チーム(敬称略) L庄司ふ、福澤、兼子孝、辻
ふぉれすと鉱山スタッフ 大橋
タイムスケジュール 13:00〜15:00
Comment 大橋
photos 大橋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ