2010年1月10日(日)曇り時々晴れ -3度 コーザン・スペシャルウィーク第2日目
活動内容 スペシャルウィーク2日目。
今日もたくさん遊びに来てくれました。

ソリすべりやつるつるリンクでの自由遊びや様々なプログラムに参加してもらい、鉱山の雪遊びを一日中楽しんでもらいました。
さらに、今日は夜のプログラムもあり、キャンドルのやさしい光が鉱山の森を暖めていました。

各プログラムの内容はこのような感じでした。

【みかん探し】 参加者:大人10名、子ども14名
本日のプログラムはみかん探し!第一部と第二部に分けて行いました。最初は見えるところにみかんを隠しての簡単コース。続いて雪の中に埋めたみかんをみんなで掘り出して探す難しいコース。子ども・大人みんながとっても熱中して、懸命に雪をかき分けてみかんを探し出しており、とっても盛り上がりました。

【鉱山大捜査線】 参加者:9名
カンジキを身につけて動物の足跡探しをする予定でしたが、昨夜末の降雪により、動物の足跡が隠れて見つけることができませんでした。
しかし、カンジキ初体験の子どもたちがほとんどで深雪の中を歩くだけで大騒ぎ。
みんなでにぎわい楽しい雪中行軍となりました。

【凧づくり】 参加者:大人9名 子ども22名
さて、今日の簡単にできるたこ作り!は2日目となりました。ありがたいことに昨日に引き続き、今日のたこ作りもたくさんの方たちが集まってくれました!自分で書いた絵を凧にしてのたこ作り、みんなの絵、それぞれがとっても上手でしたよ!作った凧を持ちながら外へ出たり、ホールで走って飛ばしたりと楽しんでくれていました。

【冬の科学実験】 参加者:子ども13名
雪や寒さを使った簡単な実験に挑戦。
雪を溶かすとほとんどが空気だった...
雪のトンネルは声が吸収される...
寒い中でシャボン玉を作ると凍ってしまう...
などなど、体を動かすのとは違った遊びを体験しました。
シャボン玉を凍らせる実験は、お父さん・お母さんも子どもたちに負けず劣らず熱中していました。

【ゴルポッカ】 参加者:大人2名、子ども12名
パークゴルフのクラブとやわらかいボールを使って雪中ゴルフを行いました。
雪がフカフカなので足にはカンジキを装着します。
ゴルフで身体がポカポカになる「ゴルポッカ」はやりだすと止まらない!熱中してしまうスポーツです。
ボールが雪の中に埋まったり、カンジキにつまづいたり、ハプニング続出の笑いが絶えないゴルポッカでした。

【スノーランタンづくり】 
たっぷり降り積もった雪。
そして、今日の雪質はランタンづくりには最適の雪でした。
今日の夜のキャンドルナイトのため、たくさんのスノーランタンが必要です。
バケツと空瓶を使ってどんどんつくっていき、お昼からの作業でしたが、たくさんの参加者と一緒に100個近いスノーランタンが出来上がっていました。

【キャンドルナイト&星空のお話】 参加者:キャンドルナイト40名、星空のお話17名日中にみなさんが必至に作ってくれた、スノーランタンに火を灯しました。約100個のスノーランタンに大勢の方たちが点灯作業に協力してくれました!
全員のカウントダウンに合わせ館内の明かりを消灯し、夜の鉱山に幻想的な光の世界が出現しました。
本日予定していた星空ウォッチングは曇りのため、館内ホールでの「冬のお星さまのお話」をしました。
冬の代表的な星座や神話、宇宙の広がりなど星にまつわるお話に、みんな興味を持って聞き入っていました。


2日目もたくさんの来館者に来ていただきました。
来館してくださった方々、どうもありがとうございました。
明日はとうとう最終日です。
皆さんが来るのをお待ちしております。
参加人数 合計126名(大人39、中学生4、小学生55、幼児28)
活動場所 ふぉれすと鉱山とその周辺
ボランティアスタッフ(敬称略) 22名 伊藤省、小野田、兼子こ、児玉彩、木幡美、木幡さ、木幡咲、小林しん、酒井ち、佐々木め、白川、高橋、千葉、外山、長田お、畑中、平上、藤田、望月み、矢野、吉田た、吉中
ふぉれすと鉱山スタッフ 吉元、土屋、佐々木ち、山田、児玉顕、大橋
タイムスケジュール 10:00〜15:00、17:00〜18:30
Comment 土屋、佐々木ち、山田ゆ、大橋
photos 吉元、土屋、佐々木ち、山田ゆ、大橋
【鉱山大捜査線】
【ゴルポッカ】
【冬の科学実験】
【キャンドルナイト&星空のお話】
【みかん探し】
【スノーランタンづくり】
【つるつるリンク】
【そり遊び】
【凧づくり】
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ