2010年1月9日(土)晴れのち曇り -1度 コーザン・スペシャルウィーク第1日目
活動内容 あたり一面、雪、雪、雪だらけ。
今回の冬のスペシャルウィークはたっぷりの雪に恵まれて開催されました。
初日からたくさんのプログラムを展開し、多くの人が来館し、雪遊びを楽しんでいました。

築山のソリすべりは親子で一緒に滑ったり、急斜面を子どもひとりで滑ったり、暗くなるまで人が減ることなく大人気でした。
完成度が心配されていたつるつるリンクも、子どもも大人もたっぷり滑って遊んでいました。
大雪の影響で出来上がったかまくらは、みんなの絶好の遊び場所。
たき火で焼きマシュマロも大好評でした。

その他のプログラムも皆さん楽しんでいました。

【新年!コーザンもちつき】 参加者:大人29名、子ども43名
今日はみんなで楽しむもちつき大会!を行いました。緑色がきれいなよもぎ餅・紅白もちと、色とりどりのお餅に、大人も子どもたちもみんな大喜び。みんなでペッタンペッタンおもちをついて、そのあと丸めて食べるという全ての工程を、とっても楽しんでくれていました。おもちもとっても美味しいと大好評。本当に楽しいおもちつきでした!

【ダッチde料理ショー】 
初の試みとなったダッチオーブン料理コンテストは、5組の選手たちが技と心を込めた料理をたき火で調理をしました。メニューはダッチオーブン料理ならではのダイナミックなものがたくさん。見事審査員表を獲得したのは煮込みハンバーグに、牛すじカレー+ナンのメニューでした。参加していただいた選手のみなさまお疲れさまでした。
惜しくも?試食ができなかったみなさま、また今度いろいろ見直していきたいと思います!

【歩くスキー】 参加者:大人2名、子ども1名  <旭抗方面>
本日の歩くスキーは晴天と深雪の中、施設を飛び出し森の奥へ進みました。
森の中には鹿やウサギ、ネズミやタヌキの足跡に出会うことができました。
足跡から、動物の行動を予想したり、川の音や鳥の声に耳を傾けたりと様々な楽しみ方で2時間の歩くスキーを楽しむことができました。

【凧づくり】 参加者:大人5名 子ども12名
今日は、簡単たこづくり!を受付横のスペースで行いました。徐々に子どもたちが集まりだし、みんなでとっても楽しくたこを作りました。可愛いピカチューたこ・迫力のある今年の干支「トラ」のたこなど、たくさんの種類のかわいいタコの出来上がり!最後はホールで走りながら、みんな舞うタコを楽しんでいましたよ!

【魚拓】 参加者:17名
今までのスペシャルウィークでも何度も登場していただいている源一郎先生による魚拓。
色鮮やかな染料を使って布にきれいな魚たちが描かれていました。
子どもも大人も終始笑顔が絶えない時間を過ごしていました。

【The 足湯】 参加者:大人15名、子ども20名(推定)
みんな寒〜い中、外遊びを満喫したあとは、温か〜い体験も必要ということで足湯を用意。
かまやの前のテラスに木桶やイスをセッティングして秘湯の雰囲気を。
今回用意したお湯は、鉱山名産(?)の「クマザサ湯」と「トドマツ湯」!
血行促進やら疲労回復やら、効能があるらしい...
歩くスキーで疲れた方や雪遊びをした子どもたちに大人気でした。
特に子どもたちはずぅ〜っと浸かっていました。
体の芯まで温かくなれたようです。

【長ぐつホッケー大会】 参加者:21名
つるつるリンクで白熱バトルが繰り広げられました。
力が均等になるようにチーム分けをし、4チームでのトーナメント戦で戦います。
小さい子から大きい子まで入り乱れて、ひとつのパックを追っていました。
転んだり、行き過ぎたり、なかなか自由がきかないリンクの上での長ぐつホッケーは大盛況でした。


初日からたくさんの来館者に来ていただいた今回のスペシャルウィーク。
明日以降も楽しいプログラムが目白押しです。
ぜひ、遊びに来てください!!
参加人数 合計145名(大人60、高校生2、中学生2、小学生43、幼児38)
活動場所 ふぉれすと鉱山とその周辺
ボランティアスタッフ 16名
ふぉれすと鉱山スタッフ 6名
タイムスケジュール 10:00〜15:00
Comment 吉元、土屋、佐々木ち、山田ゆ、大橋
photos 松原、吉元、土屋、佐々木ち、山田ゆ、大橋
もちつき
そり滑り
たこづくり
ながぐつホッケー
こんなことも
魚拓
足湯
歩くスキー
ダッチde料理ショー
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ