2009年12月20日(日)晴れ 0度 第14回森のようちえん
活動内容 昨日から積もった雪で、一気に雪遊びモードに突入した鉱山で、今月2回目の森のようちえんが開催されました。今回は思いっきり雪遊びをした後、ネイチャーホールでお餅つきをして楽しみました。

ホールに集まったみんなで歌おどりをした後、「14ひきのもちつき」を読んでから活動を開始。もち米が蒸かしあがるまで、まずは雪遊びをするということになり、みんなソリを持ってグランドに向かいました。

そりを持って外に出るや否や小さな斜面でソリ滑りが始まりました。大人が考えもしないようなところでも、子どもたちは自然とあそびを展開させていっていました。
築山につくと、急斜面をみんな減ったらな感じでどんどん滑り、ソリ滑りを楽しんだ後、雪合戦やちょうどグランドで行われていた『つるつるリンク』作りをお手伝いしたりして、鉱山の雪を満喫しました。
天気も良くてあたたかくて、遊ぶにはもってこいの天気でした。

そして中に入りいよいよお待ちかねのお餅つきです。
蒸かしあがったもち米を「ぐっぐっ」と杵でつぶし、大人が少しつくのを見てから「ぺったんぺったん」とお父さんやお母さんと一緒にお餅をついてもらいました。
お米からお餅になっていくのや、ほかのお友だちがつくのを真剣に見ている顔が印象的でした。

出来上がったお餅は、何とも言えない柔らかさで、あんこ餅やきな粉餅、お雑煮にして美味しく頂きました。

本日は60名という大人数での森のようちえんでしたが、会場セッティングや片付け、進行などなどご参加いただいた皆様にたくさんのご協力をいただき、スムーズに進行、片付けができました。
ご協力本当にありがとうございました。


ビローンと伸びるお餅の感触やワイワイガヤガヤとした中で、みんなでやっていくお餅つきの雰囲気、人が集まる場の楽しさ、そんなことがみんなの心に少しでも残ったらうれしいな。と思う今日の活動でした。

ご参加いただき、ありがとうございました。
参加人数 合計 61名(大人31名、小学生8名、幼児21名 3歳以下3名)
活動場所 ネイチャーホール グランド 築山
森のようちえんスタッフ(敬称略) 外山、辻、小野田
ふぉれすと鉱山スタッフ 鈴木、吉元
タイムスケジュール 10:00〜14:00
Comment 鈴木
photos
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ