2009年11月23日(月)小雨 6度 森からつながる環境保全UD〜森の居場所づくり「枯れ枝おとし」
活動内容 今日はつな環の森の居場所づくりシリーズ5回目。
できあがった道をみんなで歩きました。
途中、湿原を発見したり、葉っぱが落ちて見えるようになった水路を見つけたり。
「ここは苦労したよなぁ」「ササ丈があんなにあったのに…」など実際作業をされた方々からの言葉。
「道が完成してる!」「道幅広くなってる!」など久々に参加した方、はじめて参加した方からの言葉が飛びかう楽しい散策となりました。
そのあとは、なたやのこを持っての枯れ枝おとしや、地面からぴょんぴょん出てきているササを切ったり、より歩きやすいように道を整備しました。

午後からは、山口さんから情報提供をいただき、今後このできあがった新しい森の居場所で何をしていくか、なにができたらうれしいかを話し合いました。

今回のシリーズは今日で最後となりましたが、これからもこの新しい道ができた森や鉱山地区の森で、つな環メンバーは活躍していこうと決意表明で幕を閉じました。

こんなふうに、森に関わることで、自然や健康や環境とつながっていけたらいいですね。
参加者 8名(大人8名)
講師 (有)自然環境コンサルタント代表 山口和男氏
活動場所 遊遊の森
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 遠藤
タイムスケジュール 10:00〜15:00
Comment 遠藤
photos 遠藤
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ