2009年11月22日(日)−23(月)
22日 晴れ 時々 くもり 4度
23日 くもり 時々 雨   6度
第12回こうざんちょう・森のようちえん
活動内容 ◎1日目
昨日は雪が降り、鉱山にもいよいよ冬がやって参りました!

1日目最初のプログラムは焚き火に挑戦。
スタッフの一人が手の中に何やらあるものを隠していました。現れたのは一本のマッチ!
「今日はこのマッチを使って焚き火をするんだ!もちろん自分たちでつけるんだよ」それともうひとつ…
ポケットから出てきたのは不思議な白い魔法の皮!なんとこの木(白樺)の皮はボーボー燃えるんです。
この魔法の皮を求めて、リヤカーを引きいざ出発!!子どもたちは作業に熱中して、あっという間にリヤカーは山盛りいっぱいになりました。
お次はマッチを擦って火おこしです。お母さんチームと子どもチームに別れて火おこし対決!!
もちろん!?子どもチームが勝ちました。

夜は餃子づくり。
なんと皮から本格的に作りました。コネコネ、ペタペタ、隠し味はみんなの笑顔。楽しみながら作った餃子はとってもおいしかったね。
夕食のあとは夜の散歩に出かけました。雪を踏む音や動物の足跡などたくさんの発見がありました。

◎2日目
二つの遊びからやりたいものを選んでもらい、楽しみました。
ひとつは焼き板のアクセサリーづくりです。好きな木を選んで、焚火の上で丸焦げにします。その後、擦って木目を出したら、ペンでデコレーション。焦がしすぎて炭にしてしまう子、木目を出すためにずーっと擦っている子などそれぞれ。完成したアクセサリーはとっても素敵な宝物になりました。
もうひとつはみんな大好きなしりすべりを楽しみました。雪が溶けていく中、お尻をべちょべちょに濡らしながら体いっぱい堪能していました。

たった2日間だったけれど、あれもこれも楽しかった、素敵な思いでがたくさんできました。これから冬本番に入ります。もっともっと寒い冬を楽しみましょう!
参加人数 22日 4組8名(うち 幼児5名、小学生3名、大人4名)
15日 1組2名(うち 幼児6名、小学生4名、大人5名)
※宿泊は4組8名
活動場所 22日:モンキーパーク、山神社、館内
23日:炊事棟周辺、森トンハウス、遊歩道
森ようチームスタッフ(敬称略) 矢野
ふぉれすと鉱山スタッフ 22日:鈴木、吉元、土屋、佐々木ち 
23日:鈴木、吉元、土屋、佐々木ち
タイムスケジュール 22日
13:00〜14:30 魔法の木の皮探し、雪合戦
14:30〜15:10 焚き火に挑戦
15:30〜18:00 餃子づくり

23日
10:00〜12:00 しりすべり、焼き板アクセサリーづくり
12:00〜13:00 昼食
Comment 佐々木
photos 佐々木
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ