2009年11月19日(木)曇り時々雪 2度 第10回ガイドウォーク
活動内容 本日のガイドウォークのテーマは「歴史」!!
葉を落とした木々の合間に見える鉱山の遺産に出逢いに、雪がちらつく森へ。

まずは、旧小中学校(現ふぉれすと鉱山)、山神社、銀座通りといった、生活空間を巡りました。
昔の写真や地図を比べながら、昔のにぎやかな生活に思いを巡らせました。

そして、実際に鉱石を掘っていた現場、岩ヶ崎鉱跡へ。
その後ずり捨て場へ移動し、鉱石探しに挑戦。鉱石ハンマーを用いて黄鉄鉱を採集しました。

そして、銅精錬所跡にて、樹木が若いこと、自然回復が遅いことなどに思いをはせ、過去と今、自然と生活とのつながりを感じてもらいました。

次回は、12月17日(木)です。冬の鉱山で、どんな素敵なものに出逢えるでしょう?お楽しみに。
参加者 3名(大人3名)
活動場所 山神社、岩ヶ崎鉱跡、銅精錬所跡
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 土屋
タイムスケジュール 10:00〜12:00
Comment 土屋
photos 土屋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ