2009年11月14日(土)−15(日)
14日 小雨 時々 くもり 7度
15日 小雨 時々 大雨 時々 晴れ 8度
第11回こうざんちょう・森のようちえん「雨の日だけど 焚き火で快適!」
活動内容 ◎1日目
今日の鉱山は雨で、参加者はいつもより少ない10名。
だったら、こんな日にしかできない遊びをしちゃおう!

ということで考えたのは

○薪ストーブで暖かい森トンハウスでくつろぎつつ
○屋根つきの野外炊事棟で火を焚いて
○焚き火で沸かしたお湯で足湯(本物の川又温泉水入り!)をし
○ストーブで沸かしたお湯でササ茶を作って飲み
○焚き火でおやつを焼いて食べる!

という、寒い雨の日を快適に過ごす一日です。

まずは焚き火。
お父さん、お母さんがまきを組み、子ども達はマッチで火を点けるチャレンジ。
苦戦するかな...と思いきや、どちらもあっさりと成功!

ひとしきり火遊びをしたら、お茶にするササの葉と、足湯に入れる良い匂いの草を探しに出かけました。

水溜りでちゃぷちゃぷしながら葉っぱを集めていると、激しく流れる川を発見。
いつもは道なのだけど、雨の日にだけ現れる川です。
男の子達は「水をきれいにするんだ!」と言って、葉っぱや石を積んで素敵なダムを作っていました。
こういう遊びって、やりだすと止まらないですね。

一方、炊事棟ではササの葉茶作り。
小さな手でハサミを上手に使って葉っぱを切ったら、フライパンで炒ってから煮出してお茶にします。
足湯の方も、「ヨモギ湯」と「カキドオシ湯」がとてもいい香りに出来上がり、野外炊事棟が快適空間に。

足湯は気持ち良かったし、お茶もお菓子も美味しくって、予定よりも1時間以上も長く遊んでしまいました。

夜はみんなで皮から手作りの餃子作り。
子ども達もがんばってこねこね、ごろごろして、たくさんの皮を作って、包みました。
手作り餃子はとても美味しかったし、楽しかったね!

◎2日目
今日は参加者が一組だったので、車に乗って市営牧場まで行きました。
見晴らしの良い場所まで歩き、遠くの山や海の景色を楽しみました。
雨が降ったり晴れたりと天気がくるくる変わる中、キレイな虹も見ることができました。

水溜りのミミズや落ち葉の道、まほうのスティック...など自分の力で歩き、面白いものもたくさん見つけました。
鉱山には楽しい場所がまだまだあったのだ!とちょっぴり特別なお出かけでした。
来月はペッタンコーザンもちつきです。
元気にもちをついて、食べて、新しい年を迎える準備をしましょう。
参加者 14日 3組10名(うち 3歳以下1名、幼児3名、小学生2名、大人4名)
15日 1組2名(うち 幼児1名、大人1名)
※宿泊は1組2名
活動場所 14日:炊事棟、森トンハウスとその周辺
15日:市営牧場
森のようちえんスタッフ(敬称略) 14日伊藤し、辻、古瀬
15日伊藤し、辻、外山、矢野
ふぉれすと鉱山スタッフ 北川
タイムスケジュール 14日
13:00〜16:30 焚き火でのんびり
16:30〜19:00 皮から手作り餃子作り
19:00〜 館内でのんびり

15日
10:00〜12:00 いつもは行けない場所へ行こう!
12:00〜13:00 昼食
Comment 北川、外山
photos 北川
第1日目
第2日目
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ